注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ひっぱりうどんレシピ「まさか納豆とサバ缶がこんなにも合うなんて」

家事

2020.08.14

ひっぱりうどんレシピ「まさか納豆とサバ缶がこんなにも合うなんて」

「ひっぱりうどん」って知ってますか?

 

山形県内陸部に伝わる郷土料理。茹でた麺を鍋から直接ひっぱり上げて食べることから、「ひっぱりうどん」と呼ばれるようになったそうです。

 

本来は、鍋で茹でた乾麺を、納豆やサバ缶、生卵などを加えたつけだれでいただくという料理ですが、こちらのレシピでは鍋も使わないので、とっても簡単に作ることができます。

 

「納豆とサバ缶」という組み合わせに驚いた人もいると思いますが、意外にもサバの風味が納豆とよく合うんです。サバ缶なら骨も柔らかくて気にしなくていいので、納豆と絡めて温かいうどんと一緒にズルズルっと食べられます。卵黄を混ぜるとトロトロ感が増してさらにおいしくなります。

 

「納豆は中粒でも小粒でもどちらでも合いますよ」とフードコーディネーターの田頭さん。ぜひ試してみてくださいね。

ご当地が産んだ納豆うどん

材料(1人分)

冷凍うどん
1玉
鯖水煮缶
1/2缶(汁も合わせて100g)
納豆
1パック
万能ねぎ
1本
卵黄
1個分
刻み海苔
適量
めんつゆ(3倍濃縮)
大さじ1/2

作り方

1. 万能ねぎは小口切りにする。鯖缶は軽くほぐす。納豆は付属のタレを加えて混ぜる。

2. 冷凍うどんを袋の表示通りに電子レンジで加熱する。

3. 器に②を盛り、鯖缶を入れる。納豆、ねぎ、卵黄、海苔をのせ、めんつゆをかける。

<<前へ戻る 次へ進む>>

< 特集TOPに戻る

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

 

取材・文/田川志乃 料理・スタイリング・撮影/田頭志保

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る