コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

冷凍うどんのプルコギ風レシピ「濃厚な麺をすする口福」

家事

2020.08.11

2020.08.28

冷凍うどんのプルコギ風レシピ「濃厚な麺をすする口福」

しょうゆベースの甘口の下味をつけた牛肉を野菜と炒める、人気の韓国料理「プルコギ」。

 

思わず箸が止まらなくなるのは、何もご飯だけではありません。

 

うどんに載せれば、甘辛いプルコギのたれと卵黄が麺の1本1本にしっかりと絡まり、すするたびに口福を運んできてくれます。

 

作り方はとても簡単。肉野菜炒めにレンチンしたうどんを加え、仕上げに卵黄をのせるだけです。

 

まだ味わったことのない幸せを、この夏ぜひ!

麺をすするたびに幸せが訪れる

材料(1人分)

冷凍うどん
1玉
牛切り落とし肉
100g
赤パプリカ
1/4個
ニラ
1/4束
A|しょうゆ
大さじ1/2
A|砂糖・酒・ごま油
各大さじ1
A|おろしにんにく・おろししょうが
各小さじ1/2
A|塩
小さじ1/4
卵黄
1個分
白いりごま
大さじ1/2

作り方

1. 赤パプリカは長さを半分に切り、縦に薄切りにする。ニラは3cm長さに切る。

2. ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、赤パプリカと牛肉を入れてよく混ぜる。

3. フライパンを中火で熱し、②を入れて全体に火が通るまで炒める。肉の色が変わったらニラと③を入れて全体を混ぜる。

4. 器に盛り、卵黄をのせて白ごまをふる。

<<前へ戻る 次へ進む>>

< 特集TOPに戻る

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

 

取材・文/田川志乃 料理・スタイリング・撮影/田頭志保

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る