注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

デパ地下で買える!?1個2500円もする高級中華まんの正体に驚愕

家事

2018.11.28

20181122nikuman01少しずつ寒くなるこの季節に食べたくなる“中華まん”。「肉まん」「ピザまん」「カレーまん」などバラエティに富んでいて、大人から子供まで幅広く愛されるメニューです。そこで今回は、今までにない新しい中華まんをご紹介しましょう。

 

中華まんの最新トレンド


11月6日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、新しいメニューが続々と販売されている“中華まん”を特集。コンビニ研究家の田矢信二さんが登場し、中華まんの最新トレンドを詳しく教えてくれました。

 

一つ目に登場したのは、ローソンから280円(税込)で販売された「贅沢五目肉まん」。コンビニ肉まんの中でも少し値段が高いですが、秘密は中身に隠されています。「豚バラ肉・椎茸・タケノコ・たまねぎ」を使用した餡の中には、丸ごと入った“ウズラの卵・エビ・銀杏”が。実際に試食した番組レギュラーの佐藤栞里さんは、「具がゴロゴロ入って美味しい!」と大絶賛しています。

 

田矢さんが次に紹介してくれたのは、ミニストップから登場した“まるごとチョコプリンまん”。チョコレートがかかったような見た目と、かわいい手のひらサイズで若い女性を中心に人気を集めているそうです。ネット上でも「可愛いし美味しそうで最高だね!」「見た目もインスタ映えしそう」「スイーツ好きにはピッタリ!」と好評の声が続出していました。

 

中華まんの老舗「神楽坂五十番」の超高級肉まん


トレンドの中華まんはコンビニ商品だけではありません。池袋東武百貨店にある中華専門店「神楽坂五十番」では、具がたっぷり入った「五目まん」や変わり種の「エビチリまん」などが販売されています。

 

また「神楽坂五十番」の大丸東京店には、1個2500円(税込)する限定中華まんが。具材にはなんと高級食材“まつたけ”が丸々一本入っている、その名も「まつたけ1本まん」です。餡にも刻んだまつたけが入っていて、さらに中には高級食材のフカヒレもたっぷり。火曜日レギュラーの八乙女光さんがひとくち食べてみると「うわぁ! 香りやべぇー!」と叫び声をあげるほど美味しいようでした。

 

この「まつたけ1本まん」は、視聴者の心を虜にした様子。「すごい高いけど自分へのご褒美とかで買ってみたい!」「めちゃくちゃ美味しそう…」「死ぬまでに一度は食べてみたいね!」「まつたけ買うより安いから全然お得な気がしてくる」「まつたけだけでも豪華なのにフカヒレも入っているなんて最高」「一個だけ買って家族と分け合おうかな」といった反響が起こっています。

 

中華まんの美味しい調理方法


中華まんは時間が経つと外の皮が少し硬くなってしまうので、その場で食べないと美味しさが半減。できれば自宅でも、ほかほかででき立ての味わいを堪能したいですよね。かといって自宅で蒸し器を使うのって、想像よりもはるかに面倒。ネット上でも「カッチカチの肉まんって普通に温めても美味しくないんだよね…」「お皿に乗せてラップすると潰れちゃって残念な形になってることが多い」「皮の外側はやわらかくなっても、意外と内側がカチカチのままだったりする」といった声が。

 

「神楽坂五十番」の公式サイトには、そんな夢を叶える“電子レンジでふっくら仕上げる中華まん調理方法”が掲載されていました。温め方は簡単で、まずは硬くなった肉まんにお水をたっぷりかけて濡らしましょう。その後水を軽く切って、ラップをふんわりかけて温めるだけ。サイズによって異なりますが、500Wの電子レンジで1分弱から2分ぐらい温めればふっくらと仕上がります。

 

これからどんどん冷え込んでくるので、中華まんを買う機会が増えてくるはず。お持ち帰りで中華まんを楽しむ場合は、是非実践してみては?

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る