注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

猫型電車が走る!?和歌山電鐵の魅力に迫る

ライフスタイル

2020.04.01

国内には子どもでも楽しめるローカル線がたくさんあります。今回紹介する和歌山電鐵はかわいいネコ駅長が働いていることで知られています。関西空港からもアクセスしやすいので、遠方の方でも気軽にアクセスできます。春の連休を利用して、和歌山電鐵を訪れてみました。

 

和歌山電鐵とは

和歌山電鐵貴志川線は和歌山駅と貴志駅を結ぶ全長14.3キロのローカル線です。和歌山駅でJR阪和線、紀勢本線、和歌山線に接続します。和歌山~貴志間の所要時間は約30分です。

 

2006年3月まで貴志川線は南海電気鉄道貴志川線として運行されてきました。しかし、乗客が減ったことにより南海は「赤字が増えて運行ができない!」という理由で、貴志川線から手を引くことを言いました。地元からは「貴志川線がないと困る」という声がたくさんあがり、岡山市内の路面電車を運行する岡山電気軌道という会社が貴志川線の経営することになりました。2005年、新しい会社「和歌山電鐵」ができ、貴志川線は再スタートすることになりました。

 

なお、和歌山電鐵の「鐵」は難しい漢字の方です。簡単な「鉄」は「金を失う」と読めるため、いくつかの鉄道会社は会社名に「鐵」を使います。

 

これが本当に電車?大人もびっくり「たま電車」

和歌山電鐵貴志川線の和歌山駅はJR和歌山駅の隣にあります。JR和歌山駅ホームから地下道を歩き9番線へと向かいます。9番線ホームにつながる階段の壁にはかわいいネコの絵がありました。和歌山電鐵貴志川線はネコに会える鉄道として知られています。

 

駅窓口で運賃を払い、ホームに行くと「たま電車」が待っていました。「たま電車」は南海電車の古い電車ですが、大人もワクワクするような電車になっています。電車の上にはネコの耳がありましたよ。

 

車内に入ると「これが電車の中?」というインテリア。この写真を見ているだけでもワクワクしませんか?いろいろなタイプのイスがあることもわかります。

 

車内には「いちご文庫」という本棚もありました。たくさんの本があり、まるで図書館のよう。日本語だけでなく外国語で書かれた本もありました。

 

ドア横には貴志駅にいた「スーパー駅長たま」のイラストがありました。壁紙もネコのイラストになっており、本当にかわいいです。

 

車両中央には「たま駅長」のレリーフがありました。「たま駅長」は2015年まで貴志駅の駅長を務めました。

 

「たま電車」は小さな子どもでも安心して利用できる電車です。小さな子どもが利用できるしかけがありました。

 

マネージャー駅長「ニタマ」に出会える貴志駅

和歌山駅から乗ること約30分、終点の貴志駅に着きました。貴志駅ではマネージャー駅長「ニタマ」に出会えます。「ニタマ」は初代駅長「たま駅長」の後継として、20158月に貴志駅の駅長になりました。三毛猫のメスで、生まれは岡山県です。

 

訪れたのはお昼どき。心地よい天気と温度のせいか、ほとんどの時間は寝ていました。「ニタマ」の写真撮影は自由ですが、フラッシュは禁止されています。また、窓ガラスをドンドンとたたくのもダメですよ。貴志駅以外には中間駅の伊太祈曽(いたぎそ)駅にすスーパー駅長「よんたま」がいます。なお、ネコ駅長はお休みがあるので、事前に和歌山電鐵のホームページでチェックすることをおすすめします。

 

貴志駅の駅舎もネコの形をして、本当にかわいいです。貴志駅には駐車場がないため、和歌山電鐵を利用しましょう。

 

人気鉄道アニメ「チャギントン」とコラボした電車も

帰りの和歌山行き電車は人気鉄道CGアニメ「チャギントン」のラッピング電車、「おかでんチャギントン」でした。「おかでんチャギントン」は岡山電気軌道でも走っています。

 

貴志方の車両にはブルースター君がメインキャラクターとして書かれています。イラストと記念撮影するといいでしょう。

 

和歌山方の車両には赤色のウィルソン君がいました。アニメを知らなくても、十分に楽しめると思います。

 

車内はチャギントンのキャラクターが柄となったロングシートとなっています。床にはチャギントン・キャラクターのステッカーが貼られていました。

 

他にも和歌山電鐵には「おもちゃ電車」と「うめ星電車」が走っています。それぞれの電車のダイヤは和歌山電鐵のホームページで公開されています。

 

関連記事:チャギントンも走ってる!?岡山の路面電車

 

和歌山電鐵貴志川線は関西空港からもアクセスしやすい路線

和歌山電鐵貴志川線は関西空港からもアクセスしやすい路線です。JR関西空港駅からJRに乗り日根野駅で和歌山方面の電車に乗り換えます。関西空港~和歌山駅間は約50分、運賃は900円です。同じく関西空港駅から出発する南海電車は和歌山駅には行かないのでご注意を。

 

和歌山~貴志間を往復するには「和歌山電鐵貴志川線1日乗車券」が便利です。料金は大人800円、小児400円なので、和歌山~西山口、甘露寺、貴志間の往復だけでもお得になります。発売場所は和歌山駅9番ホーム(始発~終電)、伊太祈曽駅(9:0017:30)、貴志駅たまショップ(10:0016:15)、貴志駅たまカフェ(9:1517:15)、和歌山バス(JR和歌山駅定期券発売所)です。

 

そのほかの鉄道記事はこちらから

 

文・撮影/新田浩之

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【鉄道】その他の記事

鉄道
もっと見る