注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

映画『ダウンサイズ』人類を縮小化して贅沢に暮らす?

ライフスタイル

2018.07.10

PJXF-1149_L

(C) 2018 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED.

今、目の前に広がる世界を、小さくなって見てみたい…。誰もが一度は考えたことがあると思います。ドラえもんのスモールライトなどに代表されるように、小さくなることに、憧れのような気持ちを抱いている方も多いかもしれません。見た目は子ども、頭脳は大人!な小さな名探偵、コナンくんの環境に憧れたことはありませんか?

 

今回ご紹介する映画『ダウンサイズ』では、主人公が13cmの手のひらサイズに“ダウンサイズ”して、夢見た贅沢生活をしていく…というお話です。コメディ?と思いきや、本当の幸せ、人生に大切なことについて考えさせられる作品です。

 

映画『ダウンサイズ』とは?あらすじを解説


人類縮小化計画で贅沢な暮らしをゲット

 

DOWNSIZING

(C) 2018 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED.

人間を1/14サイズに縮小することで、食料問題や環境問題、人類増加問題を解決し、すべての消費量を大幅削減。さらに、ミニチュア化した体で生活することで、資産は82倍にアップし、贅沢な生活を送ることができるという夢のような計画、これが「人類縮小化計画」です。

 

マット・デイモン演じる主人公のポール・サフラネックは、生活はなんとかできているものの、低収入でストレスの多い毎日を送っており、将来に不安を抱えています。夢のマイホーム購入を計画しても、住宅ローンの審査に通らないという現実を生きているのです。

 

ダウンサイジングした人々が幸せに暮らす様子を見たポールと妻のオードリー(クリステン・ウィグ)は、少ない財産でも贅沢な暮らしができることを夢見て、自分たちもダウンサイジングすることを決意します。しかし、小さくなることに不安を感じていたオードリーは、ダウンサイズ直前にポールを残して去ってしまうのです。

 

一度小さくした体は、元に戻すことはできません。呆然とするポールはこの先、幸せに暮らすことはできるのでしょうか。

贅沢を手に入れたハズなのに…

 

DOWNSIZING

(C) 2018 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED.

小さくなってから1年後、ポールはオードリーと離婚します。夢見ていた豪邸を手に入れたはずなのに、ひとりぼっちになってしまったポール。なんのために小さくなったのか…。落ち込んでばかりはいられません。幸せになるために小さくなったのだから、楽しまなくちゃ!ということで、憂さ晴らしに隣人ドゥシャン・ミルコヴィッチ(クリストフ・ヴァルツ)のホームパーティーに参加します。

 

ポールは、パーティーばかりしている隣人ドゥシャンの騒音に迷惑していました。チャンスがあれば、文句の一つも言ってやる!くらいの勢いで乗り込んだはずなのに、ドゥシャンにすっかり気に入られてしまったポール。チャラチャラしたパーティー好きの男、ドゥシャンはダウンサイジングの世界がお気に入り。ポールにダウンサイジングの魅力を教えてくれます。ここから、ポールの本当の幸せ探しが始まるのです。

大切なのは体のサイズではなく自分自身が変わること

 

DOWNSIZING

(C) 2018 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED.

夢のような豪邸、十分すぎる財産など、幸せになるためにダウンサイジングを選んだポールですが、小さくなって気づいたことがあります。それは、体のサイズは変わっても、自分のサイズと同じ世界がそこにあるということです。つまり、体の大きさが変わっても、自分自身が変わらなければ、本当の意味での幸せは掴めないのです。

 

贅沢な生活を送っているように見えますが、よくよく考えてみると、小さくなる前の通常サイズの世界の片隅、欠片の中で生きているのです。これってかなり皮肉な絵面ですよね。贅沢なのにとてもちっぽけに見えちゃうのです。

 

小さくなっても新たな悩みや葛藤は生まれます。ポールは、政治犯としてダウンサイズされたノク・ラン(ホン・チャウ)と出会い、人生に大切なもの、本当の幸せについて、自分が求めていたものに気づき、自分自身の選択により、新たな人生を歩むこととなるのです。

 

冴えない中年でもカッコイイ

 

DOWNSIZING

(C) 2018 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED.

マット・デイモンといえば、「ジェイソン・ボーン」シリーズや「オーシャンズ」シリーズ、『オデッセイ』などで、頼れる、たくましい、カッコイイ、クールといった役どころを演じています。しかし!『ダウンサイズ』では、どこにでもいそうな普通の冴えない中年男性をとても自然に演じています。悩むし、凹むし、揺れるし…とカッコイイところはほとんどないのですが、こんなマットもあり!ですよね。

 

DOWNSIZING

(C) 2018 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED.

ホン・チャウの完璧ではない英語は、気持ちがストレートに伝わってくる力強さがあります。クセの強いキャラクターを演じるクリストフ・ヴァルツのさすがの演技力にも注目してください。ちょっと胡散臭い感じが、ピタッとはまっています。

 

ダウンサイジングが可能になる世界。近い将来やってきそうな気もしなくもありません。もし、そのような未来が来たら、みなさんは小さくなることを選びますか?

 

[作品情報]

ダウンサイズ ブルーレイ+DVDセット

◉発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

◉価格:(3,990円+税)

◉発売中

◉(C) 2018 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED.

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る