注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

強敵祖母がラスボス!?天才少女の本当の幸せとは?『gifted/ギフテッド』

ライフスタイル

2018.06.29

gifted-2bdd_SB_J

©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

giftedとは、先天的に平均よりも、顕著に高度な知的能力を持っている人を指します。いわゆる“天才”です。今回ご紹介する『gifted/ギフテッド』の主人公メアリーは、母親を亡くした7歳の女の子。叔父のフランクと一緒に暮らすメアリーは、天才的な数学の能力を持っています。

 

天才少女メアリーをめぐる大人たちの子育て論が勃発!メアリーが幸せになるための最良の選択とは?

 

叔父フランクVS祖母エブリンの対決!

 

独身男のフランクは、ちょっぴり生意気な7歳の姪メアリーと、片目の猫フレッドとフロリダの小さな町で暮らしています。贅沢な暮らしではないけれど、2人と1匹の生活は、とても幸せです。メアリーには天才的な数学の能力があり、7歳ながら、中学生、高校生の問題もスラスラと解いてしまいます。

 

フランクは、メアリーの母から“普通の小学生”として育てることを託されます。しかし、メアリーの天才的な才能が明らかになると、学校の先生やフランクの母でメアリーの祖母が、メアリーにふさわしい英才教育をすすめてきます。孫の才能を伸ばしたいと考えた祖母は、親権裁判まで進め出す始末。メアリーとフランクの引き離し作戦を決行するのです。幸せに暮らしていたメアリーとフランクは、一体どうなってしまうのでしょうか。

可愛すぎるメアリーに注目

 

この映画の見どころは“メアリーのかわいさ”とまとめてしまっていいくらい、とにかくかわいい女の子です。7歳くらいの女の子って、おませさんでちょっぴり生意気なのですが、そこも含めて可愛いの極みなのです。

 

フランクの寝室から担任の先生が裸で出てくるシーンでは、すべてを見透かしたようなニヤついた顔で「先生、おはようございます」なんて対応をしちゃいます。かと思えば、学校に行きたくないと思いっきりふてくされた顔を見せたり、悲しいことがあれば、ボロボロと流します。生意気さと子どもっぽさが絶妙なバランスで同居している、そんなところもメアリーの魅力です。

 

天才少女を演じるマッケンナ・グレイスも、演技で天才的な能力を見せつけてきます。メアリーが口を大きく開けて笑うシーンにも注目してください。前歯がないところも、かわいさを引き立てていますよ。

 

優しすぎる男フランクに心奪われる

 

フランクは、姉から生後半年のメアリーを託されます。見るからに優しそうで、いい男で、モテないはずはない!のに、メアリーを男手ひとつで育てています。子育てにも優しさが溢れています。メアリーへの接し方がとても素敵なんです。もちろん7歳の女の子として大切に育てているのですが、1人の人間としてきちんと対等に話すべきところは話すという姿勢は見習いたいところです。

 

優しいフランクでも、イライラして逆ギレし、八つ当たりをするようにメアリーを怒鳴ってしまうことだってあります。冷静になって、自分の落ち度を認め、きちんと謝る姿は、見習いたいと思うママも多いのではないでしょうか。

数学に取り憑かれた祖母の執念

 

メアリーの才能を知り、突然現れる祖母イヴリンの存在は強烈です。メアリーの母、つまり、イヴリンの娘は自ら命を絶っています。メアリーの母も数学の天才でした。そして、何を隠そうメアリーの叔父フランクにも天才とまではいかなくても、かなりの才能があったようです。イヴリンは、才能を活かし偉業を成し遂げられなかった娘の夢を孫のメアリーに託そうとするのです。

 

才能を伸ばしてあげることは、子どもにとって悪いことではありません。しかし、このおばあちゃんの場合には、メアリーの才能を伸ばすことよりも、自分の夢を叶えるためにメアリーの才能を利用しているように見えてしまうのです。

 

「嫌なおばあちゃんだな…」と感じると同時に、「悲しい人だな」という気持ちが湧いてきます。終盤で鬼の目にも涙…なシーンも登場するので、大きな心で執念物語を見届けてあげてください。

 

オススメがいっぱい!マーク・ウェブ監督作品

 

心を揺さぶる人間ドラマが得意なマーク・ウェブ監督。『アメイジング・スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン2』など、スパイダーマンシリーズの監督として知られています。

 

ミュージックPVの監督としてキャリアをスタートさせているだけあって、音楽の使い方も抜群です。ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル共演の『(500)日のサマー』や、2018年4月に公開されたエディ・レッドメイン、ピアース・ブロスナン、ジェフ・ブリッジス共演の『さよなら、僕のマンハッタン』もおすすめです。この2本に関しては、別の機会にまた見どころなどをご紹介しますので、お楽しみに。

 

天才少女メアリーをめぐる叔父VS祖母の対決はどのような結末を迎えるのでしょうか。笑顔全開のハッピーエンドを期待しながら、楽しんでみてください。

 

[作品情報]

gifted/ギフテッド 2枚組ブルーレイ&DVD

◉発売中

◉¥3,990+税

◉20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

◉©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る