コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「普段着で行くと店員の対応が違う…」接客態度に悩む女性たちの悲痛な叫び

ライフスタイル

2019.01.14

20181225sabetu01オシャレ過ぎる洋服屋さんや美容院には、思わず入るのをためらう人が少なくありません。たとえ勇気を出してみても、ついつい店員さんの視線が気になってしまうことも。実は最近、ある女性の「外見で態度を変えられた」という悩みが大きな話題を呼んでいるようです。

 

人を見て態度を変える店員さんは多い?


オシャレ過ぎる洋服屋さんには怖くて入れないという女性。近頃は美容院でも、「普段着で行くと対応が違うような気がする」と不安に駆られています。そこで女性は、同じような経験をした人がいないかアドバイスを求めることに。

 

するとネット上には、「服屋は適当な服を着ていくと相手にされない」「チェーンの美容院だと特に相手見て接客態度変える印象」「系統の違う洋服屋に行った時は露骨に無視されたなぁ。買う気満々だったのに」「美容院で担当を指名したのに、断りなくアシスタントに任された。さすがに失礼じゃない?」と共感する声が続出。

 

中には、「全体癖毛で爆発髪の私が美容院に行くと、常連だからか『うわ、また来た』って顔される。地味に辛いんだよね」「若い子はまだいいよ! 問題は中途半端なおばちゃん。若々しい店に行くとバカにされそうで… かと言って古臭い美容院に行くのはまだイヤだし…」といった悲痛な叫びも見られました。

 

お客さんの心を掴むのは一生懸命な対応!


外見で接客態度を変える店員さんはどこにでもいるようで、世間の女性たちは溜まり溜まった怒りを吐き出す勢い。多くの人が一度は嫌な思いを経験しているため、逆に丁寧な接客が強く記憶に残っているという声も少なくありません。

 

「暇そうにしてた店員に『自分に似合う服が分からないから一緒に選んでほしい』と言ったら、一生懸命考えてくれた子がいた。そういうお店だとまた来店してみようかなと思える」「敷居の高いお店に入ってしまいドギマギしてたのに、店員さんは一切嫌な顔せず対応してくれた経験が。サービスがしっかり行き届いてるところはいいよね」「担当の美容師さんは『自分が魅力を引き出してやる』という気持ちがものすごく感じられてありがたい。どの世界でも同じだと思うけど、一生懸命が伝わればそれだけでファンになっちゃう」といった経験談も。

 

美容院をはじめ小売店、飲食店などは、技術や商品だけでなく“お客様対応”が特に重要視される業種ですよね。企業によっては、ホテルや航空会社といったあらゆるサービス業の“おもてなし”を研修で教育するところも多いよう。

 

誰もが気持ちよく利用できるお店が増えていくといいですね。

 

店員さんにも壮絶な苦労がある?


店員さんの接客態度に腹を立てた経験がある人は多いでしょう。しかし相手が“お客様”である以上、よほどのことがなければ店員さんも最低限のサービスは心得ているはず。一方サービスを受ける側には、常識を簡単に無視した行動をする人も。

 

ネット上では、接客業の人たちが対応に困る“嫌なお客様”の話が盛り上がりを見せています。店員さんたちからは、「研修中の新人をいびる客がいる」「1人の店員にターゲットを絞ってクレームを出してくる厄介なお客さんがいるんだよね。その人が来たら逃げるように指示を出す(笑)」「お店をストレス発散の場にして毎回何かしら理由つけて怒鳴ってくる人がいるなぁ」「いいお客さんと嫌なお客さんの差が激しい。こっちも人間だから、たまには態度に出てしまっているかも」と苦労話が溢れていました。

 

人間同士のやり取りなので、時には相手の望む対応ができないこともありますよね。どんな立場であっても、誠実さを忘れないことが大切なのかもしれません。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マナー】その他の記事

マナー
もっと見る