2019.08.17

宝石石鹸の作り方!溶かして固めるだけでサファイア風【自由研究におすすめ】

女性に人気の高い宝石石鹸(ジュエルソープ)。石けんなのに本物の宝石のようでとても素敵ですよね。

 

実は、MPソープという、電子レンジで簡単に溶かせる石けんを使えば家でも簡単に作れるんです。溶かして色をつけ固めていくだけなので子どもの自由研究にもおすすめ!女の子だけでなく、鉱石などに興味がある男の子にも人気が高いそうです。

 

そこで今回は、ジュエルソープデザイナーのすみれさんにお子さんと作れる本格的な宝石石鹸のレシピを教えていただきました。

「どんな風になるかな?とワクワクしながら作れて、飾るだけでもきれい、でもちゃんと石けんとしても使えるというのが宝石石鹸の魅力です。今回のレシピを元に、ぜひ好きな色や誕生石をイメージした色などで作ってみてくださいね」とすみれさん。

 

早速作り方を見てみましょう。

 

サファイア風!宝石石鹸の作り方


今回紹介するのは、ブルーが涼しげなサファイア風の宝石石鹸です。所要時間は、大体1時間半~2時間ほど。約5cm×5cmのものが2個作れます。

 

 

【サファイア風宝石石鹸の材料】

左上から・MPソープ(クリア)170g、MPソープ(白)10g、石けん用カラージェル(サファイアブルー)、マイカパウダー(ゴールド)数g、無水エタノール
※マイカとは化粧品などに使われるラメの粉末のこと。

 

専門的な材料が多いですが、MPソープ、カラージェル、マイカパウダーは、楽天やアマゾンなどのネットショップで購入可能。無水エタノールは薬局で購入できます。スプレーボトルに入れ替えておくと便利です。

 

MPソープは「溶かして固める」を意味する「Melt & Pour」の頭文字をとったもので、保湿成分のグリセリンが主な成分なので「グリセリンソープ」とも呼ばれています。大きな塊を購入した場合1、2cm大に細かく切っておきましょう。細かく切ってあるものも販売されています。

 

カラージェルとマイカパウダーは、化粧品グレードのものを購入しましょう。石けんに香りをつけたい場合は、化粧品グレードのフレグランスオイルの準備を。

 

【サファイア風宝石石鹸作りに使う道具】

耐熱カップ(大)2個、(小)3個

耐熱カップ(大)は、MPソープを溶かす用と土台作り用に用います。MPソープを溶かす際には、計量カップなどの耐熱容器を利用しても可。

 

はかり、ラップ、マドラー数本、竹串数本、プラスチックスプーン、ナイフ

 

>>NEXT まずは宝石石鹸の土台づくり

阿部祐子

出版社に勤務したのち渡米し、長男を出産。帰国後はフリーライターとしてWEBメディアを中心に執筆を行う2児のママ。CHANTO webでは主に育児、アート、ハンドメイドなどの記事を担当。ライター業とともに、がま口作家としても活動している。週末は趣味の建築巡りと街歩きに、夫と息子たちを連れ回している。