コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

セブン「デリー監修 ドライカレー&タンドリー風チキン」は予想通り絶品だった

ライフスタイル

2019.07.11

2020.01.22

ヨーグルトに漬け込んだ“タンドリーチキン”は絶品


セパレートタイプの容器に入っている同商品。早速フタを開けると、スパイシーな香りが鼻を刺激します。上段のタンドリーチキンは、トマトが加えてあるためオレンジ色のカラーリング。プルプルした半熟卵もトッピングされているので、クリーミーな味にも期待できそうですね。下段には10種類以上のスパイスを使用した“ドライカレー”が、ギュッと詰まっていました。

 

お皿に移動して、まずはタンドリーチキンからひと口。ジューシーな鶏肉の旨味と、トマトの甘みが口の中に広がります。ヨーグルトに漬け込まれているタンドリーチキンは味も本格的。スパイスの香りとヨーグルトの風味で、ひと口目から大満足です。

 

今度はメインのドライカレーを試食していきましょう。一粒一粒がパラパラしているおかげで、細かな味わいがしっかり感じられます。スパイシーな辛さがあるものの、タンドリーチキンの甘みと絶妙にマッチ。スパイスの香りが鼻から抜けて、スプーンがさらに進みました。

 

>>NEXT ドライカレー×タンドリーチキンは最高の組み合わせ!

2 / 3 ページ
KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【コンビニ】その他の記事

コンビニ
もっと見る