注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

遊びながら都道府県の特徴を学習! ダイソーの面白カードゲーム「都道府県かるた」

ライフスタイル

2020.06.01

私たちの生活を支える100円ショップのグッズたち。中には予想を上回る活躍を見せて、ちまたで話題になることも。そんな100均グッズにスポットを当てて、徹底レビューしていきます!

 

【これ1つで何時間でも遊べる】

疑似クッキングを体験できるダイソーの「トントンままごと遊び」は良コスパおもちゃ!

都道府県の特徴を学べる「面白かるた」

突然ですが、各都道府県の名産品や県庁所在地ってわかりますか? 急に聞かれると、パッと答えられない人もいるはず。今回は、都道府県の特徴を学習できるダイソーグッズ「都道府県かるた」をピックアップしました。

 

同商品は昔ながらの定番カードゲーム「かるた」をアレンジした知育玩具。絵札の表面には地図が描かれており、読み札の方に都道府県の特徴が記載されています。たとえば東京の場合は「世界中から人が集まる渋谷・浅草・秋葉原」との説明が。より詳しい解説は絵札の裏に書いてあるので、事前に学習することも可能です。

 

遊び方は普通のかるたと同じ。読み手が読み札を読み、プレイヤーは読み札と対になる絵札を「はい」と言いながら叩きます。絵札をプレイヤー同士で取り合い、最終的にたくさんゲットした人が勝利。ルール確認後に私と知人を含めた4人で始めたところ、予想以上に難しくてなかなか絵札が取れません…。

 

最終的に何とか8枚ほどのかるたをゲット。中でも印象に残ったのが「福井県」のかるたで、「国内産メガネフレームの約9割を生産している」という情報は初めて知りました。

 

購入者からは「子どもの勉強にぴったりだし、大人でも熱中できる」など好評の声が続出。子どもと一緒に「かるたゲーム」を楽しんでみてはいかが?

 

文/井坂優実

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。

※実際に使用する際は商品の取扱説明書などをご確認のうえ、正しくお使いください。

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【100均】その他の記事

100均
もっと見る