コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【料理家直伝】子どもに教えたい最低限のキッチン修行❶「ご飯を炊く」

子育て

2018.10.22

2021.03.24

小学生から「キッチン修行」をすすめるワケ

子どもをキッチンに立たせるときに心配なのは、火や刃物によるケガややけどなど。「いくつくらいからできますか?」とよく聞かれますが、私が主宰している教室には幼稚園年少さん(3歳)からクラスがあります。

「言っていることが理解できる(=人とのコミュニケーションがとれる)」ようになれば、料理を教えることはできます。ママのお手伝いはもちろんのこと、ちゃんと包丁も使えるようになるんですよ! 

shutterstock_178891463

子どもに教えていて感じるのは、「小学生になるとコミュニケーション力が格段にアップする」ということ。やり方を説明しても、スムーズに理解できるようになります。だから「うちの子は何もできない」とあせる必要はありません。まずは「お皿を並べる、下げる」からで十分。そして最終的に「ひとりでできる」を目指して、〝キッチン修行〟を始めましょう。

よく「うちの子は不器用で…」と言うママもいますが、まったく関係ありません。男女差もありません。どんな子でも、回数さえ重ねて練習すれば、必ずできるようになります。心配しすぎは禁物。なんでもトライさせたほうが早くマスターできるし、ママもラクになりますよ!

2 / 6 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る