注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの学力に影響する“非認知スキル” 家庭でどう伸ばす?

子育て

2018.07.17

2018.09.21

スマホの使いすぎには要注意!


いっぽう、学力を低下させる原因として良く名前が上がる“スマホ”。ネット上では多くのお母さんから、「中学校に上がってスマホを持たせてから、子どもの成績が明らかに下がり始めた…」「思い返すと、子どもが勉強しなくなったのはスマホを使うようになってからかな」「スマホを持たせただけでここまで成績が下がるとは思わなかった!」など悲鳴の声が上がっています。

 

東北大学加齢医学研究所所長・川島隆太先生の研究によると、1日1時間以上スマホを使用した子どもは学力が低下しやすいと判明。川島先生は「スマホを4時間以上使用すると、2時間分の学習効果が消える」「長時間使用は脳発達に悪影響を与えている可能性もある」と警告していました。しかし、スマホは悪影響を与えるだけではありません。むしろスマホの使用を1時間未満に抑えている子どもたちは、成績が良い傾向にあるようです。

 

一概にスマホを悪者と決めつけるのは間違いかもしれませんね。

 

2 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る