コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【お札のデザイン刷新】子供に聞かれたら答えられる?渋沢栄一ってなにした人?

子育て

2019.06.03


■渋沢栄一の著書について

渋沢栄一の著書といえば、「論語と算盤」です。現代においても、多くの会社経営者が「オススメ本」として推しています。

気になるその内容は、人間としての人格を論語で磨くこと、そして資本主義の経済活動において自身の利益を追求することは、どちらか一方に偏るのではなく、バランスよく実践するべきというものです。

資本主義では、とにかく利益最優先になりがちですが、それではいけないということを、渋沢栄一は著書の中で述べています。人格だけを磨いても豊かにはなれませんし、利益や数字ばかりを追い求めても、やはり豊かにはなれません。

これこそが渋沢栄一が生涯にわたって発し続けたメッセージだと言えるでしょう。

この本が発行されたのは大正5年(1916年)のことでした。それから100年以上も経過した現代ですが、「論語と算盤」が示す内容に、「そのとおり!」という思いを抱く方も多いことでしょう。むしろ利益追求型になりがちな現代だからこそ、両方のバランスの重要性を説いてくれる本こそが、必要なのかもしれませんね。

 

92-2

 


■渋沢栄一の名言も紹介

さまざまな会社の設立に関わり、経済界でその手腕をいかんなく発揮した渋沢栄一には、さまざまな名言が残されています。その一例は、以下のとおりです。

「もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。」

「人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。」

「商売をする上で重要なのは、競争しながらでも道徳を守るということだ。」

「ただそれを知っただけでは上手くいかない。好きになればその道に向かって進む。もしそれを心から楽しむことが出来れば、いかなる困難にもくじけることなく進むことができるのだ。」

「できるだけ多くの人に、できるだけ多くの幸福を与えるように行動するのが、我々の義務である。」

渋沢栄一の名言・格言から見えてくるのは、渋沢栄一が大切にしてきた経営理念そのものです。これから先の社会で生きる子どもたちにとっても、必要な言葉ばかりだと言えそうですね。これらの名言も、ぜひ伝えてみてはいかがでしょうか。


■まとめ

渋沢栄一って、名前は聞いたことがあるけれど、具体的にどんな人か知らなかった!という方も多いのではないでしょうか。日本に数多くの企業を誕生させる一方で、しっかりとした経営理念を持ち、社会の発展のために尽くした人だと言えそうですね。

これから2024年に向けて、お札の新デザインに関する話題は、いろいろなところで出てくるでしょう。子どもから「渋沢栄一ってどんな人なの?」と聞かれた際には、ぜひ今回紹介した豆知識も使って、スマートに答えてみてくださいね。子どもにとって、これから先の人生を生きていく上で、大切なことを知るきっかけにもなりそうですよ。

2 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る