2019.05.03

夫婦喧嘩は子も食わない!子どもを不安にさせないためのコツ3つ

39-2

■「喧嘩」ではなく「話し合い」で解決してみる

人間同士が協力して生活していこうと思えば、意見の相違が生まれるのも当然のこと。時には喧嘩をしたくなるのも、当たり前のことだと言えるのかもしれません。

子どもに対して、完璧な形で隠すのは難しい……と感じたときには、考え方を変えるのがオススメです。ぜひ「子どもに悪影響を与えない夫婦喧嘩」を実践してみてください。

夫婦喧嘩の原因となるのは、お互いがお互いに対して抱えている「不満」です。「子どもに夫婦喧嘩を見せてはいけないから」という理由で、ただただ我慢を重ねるのはオススメできません。

「喧嘩」ではなく「話し合い」という形で、相手に伝えるのがオススメです。「喧嘩」ではなく「話し合い」にするためには、以下のポイントを意識してみてください。

・暴力厳禁
・とげのある言い回しはしない
・感情的にならない
・相手の行動を非難するのではなく、「自分はこう思った」というメッセージを意識する

夫婦間に何か問題が起きたとき、パパとママが論理的に話し合って解決していれば、子どもはそれを素直に受け入れていきます。自分自身に何か問題が起きたときでも、「パパとママみたいに話し合いで解決しよう!」と、ごく自然に考えられるよう、成長していくことでしょう。

またもちろん、論理的な話し合いで問題を解決したあとは、パパとママの絆がより深まっていることを見せるのも、重要なポイント。こうすれば、夫婦間の問題をスマートに解決しながら、子どもにも良い影響を与えられます。

■まとめ

考え方が異なる他人同士が「夫婦」として生活していくためには、さまざまな問題を乗り越える必要があります。時には「喧嘩」が勃発することもあるでしょうが、幼い子どもにとっては、世界を揺るがすほどの大問題と言って良いでしょう。

ある程度大きくなれば「また喧嘩してる! でもなんだかんだいって仲がいいんだから」なんて、冷静に捉えることができるようになるかもしれません。しかし幼いころには、そんな冷静な判断は難しいものです。

喧嘩をするパパとママの姿を上手に隠すため、ぜひ今回紹介した対処法も実践してみてくださいね。

≪ BACK 1

2

富樫 真由美

富樫真由美
保育の仕事をしながら子育てをした経験を活かし、ライターをしています。