本当に掃除を時短できたグッズはコレ!2018年5月号

100円ショップには、家事の時短につながるグッズがいっぱい。そこでダイソー、キャンドゥ、セリアで
買える人気の時短グッズを編集部が大検証。4日間にわたる実験でわかったベスト商品を紹介!
今回3社の100円グッズを4日間かけて検証したのは、編集部員I、スタイリストK、ライターWの3人。

掃除グッズ編

色落ちせずに吸水力も高いのはどれか調べました!
吸水スポンジクロス
食器洗いやテーブルふきなどによく使われてい
る吸水スポンジクロス。いざ使ってみると商品
によって吸水力、品質に差がありました。

検証
吸水させたあと絞りきった水量で比較

吸水スポンジクロスを水につけてしっかりと吸水。
そのあときつく絞り、その際に出た水分を計量カッ
プに入れ、吸水量を測定した。

DSC_1427

1位 キャンドゥ 『超吸水 ふきとりクロス』

DSC_1400

購入価格 108円
サイズ ▶ 約38×40㎝

DSC_1413

サイズはいちばん大きいが、吸水量は150㎖で2位。
それでも色落ちせず、ホコリなど軽い汚れがスッとと
れたため、安全性・実用性をふまえてトップに!

 

2位 ダイソー 超吸水ふきん

DSC_1397

購入価格 108円
サイズ ▶ 約30×30㎝

DSC_1416

吸水量は161㎖で吸水力は1位
だが、つけた水がうっすらとオ
レンジ色になり、色落ちした。
ぬらすとゴワゴワして、ふきに
くいのも減点。

 

3位 セリア 吸スポダスター
DSC_1395

購入価格 108円
サイズ ▶ 約20×25.5㎝

DSC_1420

吸水量は63.5㎖。パッケージの
表示サイズに「20×30㎝」と
あるが実際は大きく違った。色
落ちして水がピンクに染まった
のは問題外。

 

粉っぽい汚れが素早くとれる掃除シートを調べてみました!
掃除シート ウエットタイプ
アーム部分が立体的で風の通りがよいため、スピーデ
ィーに乾きます。速乾性はもちろん、乾いたあと、ハン
ガーの跡がつかないこともハンガー選びのポイント!

検証
七味小さじ1杯をまいてふきとった量を比較

フローリグの床(幅30
×奥行き40㎝の範囲)
に、七味唐辛子小さじ
1をまんべんなくふっ
た。掃除ワイパーに掃
除シートをセットし、
手前から奥へ50㎝押
してひとふき。吸着量
を調べた。

_MG_2145


_MG_2155

1位 キャンドゥ 『フローリング用シート 立体厚手ウエット』

_MG_1978

購入価格 108円
サイズ ▶ 約20×30㎝(1枚)

_MG_2149kya

1枚9円とほか2社より割高だが、
水分量が多く、厚手で縦にグイグ
イ伸ばしても破れないほど丈夫。
エンボス加工で細かい粉もキャッ
チしてくれた。

 

2位 セリア 『フローリングワイパーシート』

_MG_1987

購入価格 108円
サイズ ▶ 約20×30㎝(1枚)

_MG_2165ser
キャンドゥとくらべるとシートが薄
く、ウエット感が少ない。ゴミの吸
着力はそう悪くはなく、1枚3.6円
なら気軽にガンガン使える。

 

3位 ダイソー 『落ち落ちV フローリングウエットシート』

_MG_1984

購入価格 108円
サイズ ▶ 約20×30㎝(1枚)

_MG_2156da
シートがいちばん薄い。粉の吸着力
はセリアとほぼ同格。水ぶきしたよ
うなさっぱり感があるのが最初だけ
なのは残念。


ほかにも『CHANTO』5月号では、本当に役立つ100円ショップの家事グッズはどれか、検証結果を多数掲載しています。ぜひご覧ください。

Chanto