コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

驚くほど誰にでも似合う!超簡単“春メイク”「普段冒険できない人こそやってみて」

美容

2021.03.11

アイメイクをしている女性

こんにちは!メイクアップ研究家・メイクアップ博士®︎の福井美余です。

 

寒さが厳しい2月からスタートしたこの連載ですが、あっという間に春の兆しを感じる3月になりました。今回は春にぴったりの明るさ溢れるナチュラルなアイメイクをお伝えしたいと思います。 

ナチュラルなのに華やかな春色メイク!

目元に春らしい明るさを出すには、パステルカラーのアイシャドーを取り入れてみてください。パステルカラーの効果で、目元に明るさと透明感が増します。

 

メイクレッスンをしていると「パステルカラーって、派手見えしないか心配…」という方がたくさんいらっしゃいます。でも、私のとっておきの方法で「わあ!思っていたより、ずっと自然で目元が明るく見えるー!!」と大好評のパステルカラーの使い方があるんです。 

30代半ばを過ぎた女性に似合うパステルカラーの選び方

パステルカラーといっても、いろいろ溢れていて迷いますよね。断然オススメのパステルカラーは以下の3色です。

 

  • ラベンダー

上品な印象に仕上がります。結婚式などのフォーマルなシーンや着物の時のメイクにも似合いますよ。

 

  • 水色

白目をより白く見せる効果があるので、白目が黄みがかっているのが気になる方にオススメ。クリアな瞳を取り戻せます。

  • パステルグリーン

グリーン系は、赤みを抑える効果があります。充血が気になる時にグリーン系を塗ると、赤みが目立たなくなりますよ。

ラベンダーカラーのアイシャドウ

3色ともに共通して言えるのは、パールが入ったものがベターということ。自然な光が目元に集められ、春らしいきらめきがまとえますよ。 

パステルカラーでナチュラルにメイクするには?

パステルカラーのアイシャドーを、自然でキレイに仕上げるには「下まぶたに塗る」という方法を試してみてください。春の優しい日差しに、下まぶたのアイシャドーがほのかに反射して、キラキラ光る瞳に見せてくれます。

 

…と言っても、適当に塗ってしまうと、肌から浮いて見えたり、クマっぽく見えることがあるので、正しい塗り方がとても大切。今からお伝えする方法でトライしてみてくださいね。 

パステルカラーアイシャドウの使い方

❶上まぶたは、ベージュやブラウン、グレーなど、ナチュラルなカラーで仕上げる

❷アイラインブラシか、なければ綿棒の先にパステルカラーのアイシャドーをとる

❸②を軽くティッシュでなじませる

❹目頭の下まぶたのまつ毛の生え際に、ブラシか綿棒を当てる

❺目頭から目尻に向かって、まつ毛の生え際をなぞりながら塗る

 

パステルカラーアイシャドウの塗り方の説明動画

下まぶたのパステルカラーが太くなると、失敗します。アイラインのように細く入れるのが、上手に仕上げるコツ。力が入るとアイシャドーがガタガタの線になるので、なるべく力を抜いて優しく塗りましょう。

 

この方法だと、下まぶたに細くパステルカラーが入るので、自然な印象のままでカラーアイシャドーが楽しめます。

 

明るい色って、気持ちまで明るくしてくれるので、この春、ぜひ毎日のメイクに取り入れてみてくださいね。

文/福井美余 撮影/309スタジオ

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【メイクアップ】その他の記事

メイクアップ
もっと見る