Group of friends drinking together
iStock.com/JGalione  
「まさか」と思っていた人に口説かれた経験、ありませんか? 「友だちだと思っていたのにまさか」「いい上司なのにまさか」…今回お話を聞いたママたちは「ママ友の旦那なのにまさか」の経験をしたのだとか。その後の人間関係や子どものことなどを考えると、普通だったら口説かない相手ですが…恐怖の体験を聞きました。

 

■「妻のことで相談がある」と言って(ゆみさん/30歳/不動産)

子どもの幼稚園で知り合ったママ友とは、年齢も近く趣味も似ていてすぐに意気投合。一緒に遊びに行ったり、旅行に行ったりする仲になりました。お互いの旦那と会う機会もあったものの挨拶を交わしたくらいで、顔見知りになった程度でした。 そんなある日、偶然にも仕事帰りに彼女の旦那と遭遇しました。声をかけないのも失礼かなと思って挨拶したんです。そしたら「いきなりのことで失礼ですが、ちょっと妻のことで相談したいので、お茶できますか?」と。 たいして話したこともなかったので違和感は持ったものの、「大切な友だちのことで相談」と言われたら断れませんよね。でも、それが間違いでした。カフェに入るなり「相談という名の愚大会」。 しまいには「ずっとかわいいなと思っていたんです」「嫁といるとストレスが溜まってたまに息抜きさせてくれませんか?」と口説いてくるじゃないですか! 図々しさに加え、家族の前で見せる姿とのギャップにドン引きでした。 さらに熱を増してくる彼に嫌気がさして、「私、妻を悪く言う人は嫌いなので」とひと言。そのまま置き去りにして帰りましたよ。そのママ友とはいまも仲良しですが、彼女の旦那との一件は数か月たったいまも言えないままです。