20190514tanaka01
今年4月にスタートした『WELLNET presents 旅めし』(TOKYO FM)で、ナビゲーターを務めているモデルの田中美保さん。これまでに、アスリートである旦那さんを支える“アスリート飯”が度々話題になってきたのはご存知でしょうか。

 

<合わせて読みたい人気記事>

卵黄の醤油漬けつき!潮田玲子さんが作る鶏そぼろ丼がプロ顔負けの出来

 

田中さんが作る「豚汁」の決め手は「ぶちうまいすり」!


田中さんの旦那さんは、サッカーの稲本潤一選手。2015年に稲本選手がサッカーチーム・コンサドーレ札幌へ移籍した際は札幌市に移住するなど、田中さんは精力的に旦那さんをサポートしています。

 

そんな田中さんの料理の腕前に注目が集まったのは、昨年12月に放送された『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)でのこと。同放送では“リアル家事24時”と題して芸能人たちが自宅にカメラを設置し、料理を作る様子を公開しました。

 

まず田中さんが披露したのは「豚汁」。ニンジンと大根を手際よく一口大に切った田中さんは、ピーラーを使ってゴボウをささがきに。そのあとは深めの鍋に油をひいて豚肉を炒めます。豚肉が入った鍋に切った具材をプラスして、一口大にしたこんにゃくを投入。軽く炒めて水を入れて煮たら、シマヤの「ぶちうまいすり」を加えました。「ぶちうまいすり」とは、麦こうじを使った甘口のお味噌のこと。こだわりのお味噌を加え、味をみて「豚汁」のできあがりです。