20190509nikka01
パンの中でもかなりオーソドックスなものとして知られる“食パン”ですが、味がシンプルなこともありアレンジ方法は無限大。最近では“パサパサになった食パン”を利用した、ウイスキーに合うアレンジレシピが話題になっています。

 

パサパサ食パンが絶品スイーツに!


「お酒を飲むときに役に立つ」ことで知られる、「ニッカウヰスキー」の公式Twitter。以前から同アカウントでは、お酒に合う様々なレシピが紹介されてきました。

 

そんな「ニッカウヰスキー」公式Twitterのレシピは、今年4月に放送された『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)でも取り上げられ話題に。冷凍などでパサパサになった食パンで作る、「ホットプリンサンド」が紹介されました。

 

作り方はまず冷凍した食パンに市販のプリンを乗せ、まんべんなく広げたらもう1枚の食パンでサンド。アルミホイルで全体を包み、弱火のフライパンで片面を5分ずつ焼いていきます。両面を焼いてアルミホイルごと半分に切ったら、中からとろっとろのホットプリンサンドが。早速実食してみたKAT-TUNの中丸雄一さんは、「(パサパサ感を)逆手にとってます!」と絶賛していました。

 

ちなみに「ニッカウヰスキー」の公式Twitterによると、ホットプリンサンドはウイスキーに合うとのこと。食パン×プリンという禁断の組み合わせに、SNSなどでは「こんなの見せられたら絶対夜に作っちゃう!」「プリンのカラメルがきいてて確かにウイスキーのお共にぴったりかも」「最高の組み合わせ過ぎて興奮してきた」「疲れた日にウイスキーと一緒に流し込みたい」といった声が寄せられています。