66-1
世の中には、社会的に認められた成功者が存在しています。せっかく仕事をするなら、こうした成功者たちに少しでも近付きたいと思いませんか? 実は世の成功者たちには、数多くの共通点が存在すると言われています。こうした共通点を知り、自分の生活習慣に取り入れることで、自分自身を成功マインドへと導くこともできるはず! では具体的に、成功者の共通点とはどのようなポイントなのでしょうか。5つに絞ってお伝えします。

■「勉強」を苦にしない

成功するためには、さまざまな知識が必要となります。豊富な知識が頭の中に詰まっているからこそ、それらをベースに新たなアイデアを生み出したり、異なる二つの知識をかけ合わせたりすることができます。 知識を身につけるために欠かせないのが勉強ですが、成功者たちに共通するのは、「それを全く苦にしていない」ということです。日常の中で食事をしたり呼吸をしたりするように、ごく自然にさまざまな知識を取り入れているのです。 通勤のための移動時間に本を読んだり、ちょっとした隙間時間に自分に足りない能力を補おうとしたり……。普通の人が無駄にしがちな細かな時間も、彼らは決して無駄にしません。 また彼らにとって勉強とは、ごく当たり前にすることなのです。「よし頑張ろう!」と思ってするわけでもなく、ましてや勉強がストレスになるようなこともありません。苦のない勉強が積み重なることで、想像以上にたくさんの知識を詰め込んでいます。

■むやみに群れない

成功するためには、ときに孤独である必要があります。仲間との繋がりや群れよりも、優先するべきことがあると、成功者たちは自然と悟っているのでしょう。 ただしこれは、周囲の人をないがしろにするということではありません。周囲に対する思いやりは忘れずに、その上で自分自身の信念を貫くことを重視しています。こうした姿勢は、周囲からすると非常にストイックなもの。最初のうちはついていけないなんて思われることもあるかもしれません。 しかしどのような状況の中でも、淡々と自らがこなすべきタスクをこなし、成長を続ける姿は、多くの人を魅了するもの。決して群れに埋没することなく、周囲の人を魅了するという特徴があります。

■壁にぶち当たっても、諦めない

成功するためには、失敗が不可欠です。成功者たちは、これも本能的に悟っています。失敗し、壁にぶち当たったときに、「もうだめだ」と思ってしまうのは当然のこと。しかしここで諦めず、先へと進む人のみが、成功者として成長し続けていくのでしょう。 壁にぶち当たったときに、それを失敗と思うのか次への一歩と捉えるのかには、個人差があります。成功者たちの共通点として挙げられるのは、ずばり後者の考え方です。 たとえ失敗したとしても、それを成長への糧にすることが成功へのルートと言えるのでしょう。

■ポジティブな思考を身につけている

世の成功者たちの言葉に耳を傾けてみると、彼らが非常にポジティブな考え方を身につけていることがわかります。何かマイナスの出来事が起きれば、精神的にへこんでしまうのは当然のこと。しかし成功者は、こうした機会さえ逃すことはありません。 ある側面から見ればマイナスの出来事であっても、また別の側面から見るとプラスの出来事に転じるようなケースは、決して少なくありません。 どんな出来事が起きたとしても、その出来事のポジティブな側面に注目できる能力を高めることが、成功するための重要なポイントの一つだと言えます。