いまや社会のいたるところに存在するハラスメント問題。なかでも、職場においてしばしば問題になるのが「セクハラ」です。一般的には若い女性社員が被害者になることが多いイメージですが、ママたちの話を聞くと、むしろ「そこそこ年齢がいったママ社員に被害者は多い」との声が…お話を聞きました。

 

苦笑いしてたらエスカレート(あいりさん/36/企画)

2人目の育休を終えて職場に戻ってきた私を待ち構えていたのは、50代の男性上司のセクハラ発言でした。産休に入る前の関係は良好で、そんな発言はなかったのですが。
shutterstock_641066440
「あれぇ? 久しぶりに見たら、ちょっとおっぱい縮んじゃったんじゃないの?」
「やっぱり2人産んだら小さくなっちゃうんだねぇ」 と、あいさつがわりに言われてギョッとしました。重ねて言いますが、産休前はこんなことはありませんでした。彼の中で何が変わってしまったのでしょう? 曖昧に「はぁ…」と苦笑いしていたら、状況は日に日にエスカレート。

3人目は? がんばってるの?」
「でも、旦那さんももうお疲れかなぁ」

ついに腹が立ち「いい加減にして下さい!」とブチギレてしまったんです。周囲は静まりかえり、上司は「あ…すまん…」と意気消沈。それ以来、彼の口からセクハラ発言が出ることはなくなりました。