20190227tenshoku01
株式会社ホールハートが、キャリアの実態をリアルに把握するため「2019年の転職意向と現在の就業形態」についてアンケートを実施。現代社会人の転職についての考え方や、就業状態の実態が明らかになりました。

 

「転職を考えている」と答えた人は61%


過去5年間のうちに転職活動を行うか、実際に転職した人を対象に「2019年に転職する可能性はありますか?」と質問。「非常に高い」「可能性はある」「どちらともいえない」「可能性は低い」「確実に転職はしない」の5段階で回答を募りました。
20190227tenshoku02

 

その結果「非常に高い」(32%)、「可能性はある」(29%)と答えた人の合計はなんと61%に。一方で「可能性は低い」(12%)「確実に転職はしない」(8%)と回答した人の割合は「どちらともいえない」(19%)を下回る結果となりました。アンケート回答者からは「収入アップ」や「ワークライフバランスの改善」だけでなく、「スキルアップ」や「複業をするための環境」を求めているという回答も。変化や成長を求める人が、ひとつの“解決手段”として転職を用いていると考えられます。