178-1
夫婦の営みがないセックスレス状態に、深い悩みを抱える方も少なくありません。 大切なスキンシップがなくなってしまうのは、非常に寂しいことですよね。とはいえ、夫婦に危機をもたらすのは、セックスレスだけではありません。セックスレスよりもリスクが高め(!?)な、「会話レス夫婦」について紹介します。

 

■会話レス夫婦ってどんな夫婦?

会話レス夫婦とは、名前のとおり「会話がなくなってしまった夫婦」を指します。 会話は、人間同士のコミュニケーションの基本となるもの。会話をすることがなくなれば、お互いに何を考えているのか、どう思っているのかなど、重要な情報を得られなくなってしまいます。 具体的には、以下のポイントに当てはまったら「会話レス」を疑ってみると良いでしょう。 ・一緒にいても、話すことがないと感じる
・パートナーに話しても無駄だと思っている
・会話をするとイライラする これらの症状は、夫婦の会話に何か問題が生じている証拠でもあります。今はまだ「なんとなく会話がある」状態であっても、近い将来、会話レス状態に陥る可能性も高いと言えます。 「あれ? 最近あまりパートナーと話していないな」と感じたら、会話レスの可能性を考慮しましょう。

 

■会話レス夫婦の危険性とは?

では会話レス夫婦には、どのような危険性が潜んでいるのでしょうか。具体的なリスクについて解説します。 ・パートナーの言動に対して、無関心になる
・お互いの感情が理解できなくなる
・愛情を感じられなくなる
・悩みを相談できずに、抱え込んでしまう
・親子仲が悪くなる 夫と妻という関係性だからといって、普段の生活の中で全ての情報を共有しているわけではありません。 「今日は何をして、どんなことを思ったのか」は、お互いの会話の中でしか知ることができないのです。 会話レスに陥れば、そもそも相手の日常を知るきっかけを失ってしまいます。当然、「こんなとき相手がどう感じるのか」を察知するのも、難しくなってしまうでしょう。 また特に女性は、会話などのコミュニケーションを通じて相手とつながっていたいと感じやすいという傾向があるそうです。 夫との会話がなくなることで「もう自分には興味がない」と、不安に陥ってしまうケースが少なくありません。 悩み事があっても相談できずにいれば、夫婦仲はギスギスしますし、そうした雰囲気は確実に子どもにも伝わってしまいます。 どちらか一方のことを極端に嫌うなど、心の成長面でも、悪い影響を及ぼしてしまう可能性があります。 セックスレス夫婦と同様、会話レス夫婦も、いずれ離婚に至る可能性が高いと言われています。離婚危機を避けるためにも、会話レス状態をなんとかする必要があるというわけですね。