周りからは「玉の輿」なんてうらやましがられ、自分自身も鼻高々でゴールインした、高収入夫の妻たち。この先も幸せが続く…と思っていたら「期待とはまったく違った未来が待ち受けていた」と彼女たちは言います。彼女たちの抱える苦悩と後悔、いまの生活についてお話しいただきました。

 

7年で15人と浮気(陽子さん/34/パート)

結婚を両親に告げたとき、なぜか母が「金持ちはやめておきなさい!」としきりに言っていた意味が、いまになってよく分かります。大手総合商社に勤める旦那は、エリートたちのなかでもいわゆる「キャリア組」と言われる存在。若くから責任のあるポストを任され、その後も順調に出世してきました。
shutterstock_530496550
そんな旦那を射止めてゴールした私は「勝ち組」だと思っていたのですが、「お金のある男性は結婚しててもモテる」ということをうっかりしていました。そして仕事ができるということは、時間の作り方も上手だし人づき合いに余裕もある。案の定、彼は浮気を繰り返すようになりました…しかも予想以上のペースで。 私が知るだけでも結婚7年間で15人、1年あたり2人ペースですよ!? でも、きっとこれは氷山の一角にすぎないでしょう。浮気がバレるたびに旦那に詰め寄りますが上手にかわされてしまうし、そもそもいまの生活を手放す勇気のない私に「離婚する」なんて言えません。 周りの富裕層ママに相談すると「男の不倫は文化のうちだから」と訳の分からないことを言われるし、彼女たちも旦那さんの不倫を黙認している様子。思っていた幸せとは、ますますかけ離れていくこの頃です。