kidshairstyle201902-1
女の子のヘアアレンジ、楽しみたい! そう思っても、お出かけする前はいつもバタバタ。 つい、いつも同じヘアスタイルになってしまう……。 そんなプチ悩みを持っているママへ。 簡単だけれど、ちょっと珍しくっておしゃれ。 あしたから早速、実践できちゃう。 ヘアスタイリストの大谷猶子さんに聞きました。 第二弾は、【ロング編】です。

特集INDEX

子供の超簡単ヘアアレンジ|ボブ編【スタイリストが提案】子供の超簡単ヘアアレンジ|ロング編【スタイリストが提案】キッズヘアのおうちカット【ぶきっちょママでもできる!】

  

\チャレンジしてくれた今回のキッズ/

kidshairstyle201902-2
関塚萌々香ちゃん(6歳)

【ロングヘアのアレンジ①】どこかおしゃれなポニーテール


ロングヘアの定番、ポニーテール。 「ちょっとしたところに気を使うだけで、同じポニーテールでも、“おしゃれだな”と思わせるスタイルが簡単に完成します」

①子供に上を向いてもらいながら、髪をまとめる

kidshairstyle201902-3
実は髪の毛をまとめるときにもコツがあります。 「お子さんには、あごをあげてもらい、上を向いてもらった状態で結びましょう。そうすると、襟足部分がぽっこりと出ることなく美しいラインでまとめることができますよ」 また、毛のブラシを使ってまとめると静電気が起きづらく、表面がキレイに仕上がるそう。

②結び目の高さはアゴと耳上の延長線上にする

kidshairstyle201902-4
どのへんで結べばいいんだろう……というのが、ポニーテールの悩ましいところ。 「結び位置は、アコ〜耳の上を結んだラインの延長線上が、一番美しく見えます。一度、くしなどを使ってガイドを作ってもいいでしょう」

③結んだらトップを引き出す

kidshairstyle201902-5
定番ポニーテールをおしゃれに見せるコツはここ! 「くしの尖った先端で、頭頂部のモヒカンラインを少し引っ張りあげるようにすると形がキマります。このときに気をつけたいのが、同じ部分の髪の毛ばかり引っ張らないということ。表面、内側、上、下……など、いろいろな部分を引っ張ることで立体感が出ます」 このときサイドの毛はいじらないように。トップの部分のみ、少しずつ引っ張るようにするといいのだそう。

④少し逆毛を立てる

kidshairstyle201902-6
「最後に、少しだけ逆毛を立てるようにすると、動いたときにニュアンスのあるおしゃれポニーテールが完成します」

③無造作なのにおしゃれなポニーテールが完成!

kidshairstyle201902-7
kidshairsytle201902-8

「ふわふわしてて、かわいい!」

「長さがあればあるほど、逆毛を立てるだけでニュアンスが出ていつもと違う雰囲気を楽しむことができますよ」

【ロングのアレンジ②】ロック調のおしゃれかわいいまとめ髪


「ロングヘアのお子さんにぜひトライしてもらいたい、いまっぽいまとめ髪がこちら。3ブロックに分けているので崩れにくく、保育園や学校の日でも快適に過ごすことができますよ」 3ブロックに分けるとは、少し難易度が高い……?と思いきや、そんなことはなく、とても簡単なアレンジです!

①後ろ髪を3ブロックに分ける

kidshairstyle201902-9
上段は後頭部の髪を、中段はサイドと後頭部の髪を、下段は襟足の髪を……というふうに、3つに髪の毛をブロッキングします。 「そこまでシビアに3分割しなくても、だいたいの感覚でOKです」

②上段から1つずつくるくると巻き、ピンで留める

kidshairstyle201902-10
上段の髪の毛を持ち、指三本分くらいに絡ませるようにしてくるくると巻いていきます。巻いたあとは、3〜4本のピンで留めます。 「毛先と結び目付近をピンで留めておけば、動いても崩れにくくなりますよ」

③中段の髪も同様に

kidshairstyle201902-11
中段のブロックの髪の毛も、同じようにくるくるとしたあとにピンで留めます。 「あらかじめ、片手にピンを持ちながらやるとやりやすいです。中段のブロックは毛の量が多いので、指に巻きつける前にねじるとよりやりやすいですよ」

④ピンで留める

kidshairstyle201902-12
2段目の毛を1段目と同じようにピンで留めます。 「1、2段目のみくるくるっとして、3段目はそのまま残すアレンジでもかわいいですね」

⑤かっこかわいい!ロック調のおしゃれなまとめ髪が完成!

kidshairstyle201902-13
なんだかいつもとちがって、わくわく」 「3段目も同じようにくるくるっとして完成。横から見るとこんなに凝った感じのヘアスタイルに見えますが、じつはとても簡単なアレンジなんですよ」

【ロングのアレンジ③】極細まばら三つ編みが実はおしゃれ!


「最後に定番の三つ編みを使ったアレンジです。三つ編みというと、髪の毛をまとめるというイメージがありますが、この三つ編みは細〜く作るので、装飾のようなイメージです」 細い三つ編みを何本も作っていくので、時間のある朝におすすめのアレンジ。

①サイドの上部から、髪の毛を少量すくって三つ編みをする

kidshairstyle201902-14
サイドの上部の髪の毛をすくい、三つ編みをします。このとき、とる毛幅は1cm弱くらいにしましょう。 「三つ編みをするときのポイントは、髪の毛を上方向にあげつつ編んでいくことです。そうすると、生え際の部分がぽこっと立ち上がるのでニュアンスが出てかわいいんですよ」

②毛先を逆毛にする

kidshairstyle201902-15
三つ編みを結んだら、毛先の部分は逆毛を立てます。 「三つ編みが細い文、毛先に逆毛をたててボリューミーにすることでそのメリハリがいい感じにおしゃれに見せてくれるんですよ」

③いろいろな場所で三つ編みを作る

kidshairstyle201902-16
同じパターンで、顔まわり〜後頭部にかけて、ランダムに三つ編みを何本か作っていきます。 「場所や三つ編みの本数は、バランスを見て。ランダムにずらしながらやるのが、かわいくみせるポイント!」

④抜け感が魅力!ランダムな極細三つ編みヘアが完成!

kidshairstyle201902-17

「わぁ、おひめさまみたい〜」

こちらも、すぐに試せる簡単な3アレンジ。 「無限にアレンジがあるロングヘアですが、この3つを覚えておくと登園・登校のシーンにもマッチするおしゃれヘアが簡単に完成します。ぜひやってみてくださいね」

 

監修者PROFILE 大谷猶子(おおたに なおこ)さん


ヘアスタイリスト。都内理容室、美容院にて勤務後、NYのヘアサロンに勤務。帰国後は雑誌、広告などでヘアを担当しながら、完全予約制のヘアサロンを運営。管理理容師免許、欧米コスメトロジーライセンス。アーユルヴェーダディプロマ取得。日本毛髪科学協会会員、毛髪診断士。著書に『HAIR FOR KIDS 親子がつながる髪の時間』『おしゃれキッズになろう☆こどものかみがた』(ハースト婦人画報社)。

 

取材・文/松崎愛香 撮影/田尻陽子 ヘアスタイリング/大谷猶子 キッズモデル/関塚萌々香(GPR)