63-1
子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの昇進・昇格とは縁遠くなりがちな「マミートラック」。 順調にキャリアを積んできた女性たちが子どもを授かり、ママとなってこの問題に差しかかったときどういう選択をしていくべきなのかをまとめました。

■マミートラックとは?

マミートラックは女性もキャリアに関する言葉です。働くママの落とし穴として知られています。 通常の企業ではキャリアアップは従業員の勤続年数やスキルに合わせて緩やかに上昇するシステムになっています。 まるで階段を上るように少しずつステップアップしていくのです。勤続年数に合わせて生活が豊かになっていくとともにやりがいなども感じられるようになります。 ですが働くママたちの中にはこうしたステップアップのための階段を上がれない人達もいます。そうしたママたちは陸上競技のトラックを何周も走るように、ずっと同じ場所で走り続けているといいます。 育児休暇から復職できても昇進とは無縁なキャリアコースに固定されてしまったり、難しい仕事を任せられなくなってしまうケースもあるそうです。こうした状況をマミートラックといいます。 結婚したあとの再就職が難しい。といわれていることもあり、結婚しても仕事を変えずに同じ職場で勤務し続けている女性も少なくないでしょう。 しかし、育児と仕事を両立することでキャリアアップの道が阻まれてしまうと仕事に対するやりがいが感じられにくくなってしまいます。 それまでは職場でバリバリ働いていた女性が育児のため短時間での勤務を選択した結果、誰でもできるような軽作業を任されてしまうケースも少なくありません。ママになった途端に戦力外通告をされてしまうようなものです。 キャリア女性が子どもを産んだからといっていつまでも同じ給料で働き、同僚の昇給を横目に淡々と働くのは苦痛ではないでしょうか。 会社側としてもマミートラックは勤務年数が長い優秀な人材を活用できているとはいえない状況かもしれません。 こうしたマミートラックについていろいろな意見が出ています。代表的な意見を見てみましょう。