88-1
家事と育児を重視して働くことが出来る仕事があれば、働きたいと思っているママは沢山いるのではないでしょうか? フルタイムで働くとなると、そのバランスを保つことが難しくなってしまいそうですが、時短勤務が可能であれば、家事も育児重視して行なうことが出来そうですよね。 そこで、時短勤務が叶う職業をご紹介することにしましょう。

◆時短勤務とは?

まずは、時短勤務とはどういう働き方なのか確認しておくことにしましょう。時短勤務という働き方は、改正育児・介護休業法と呼ばれている法律で定められた制度のひとつになります。 3歳未満のお子さんがいる場合、勤務時間を6時間に短縮して勤務することが出来ることになっています。 例えば、本来の勤務時間がお昼休みを含めて9:00~18:00の場合、10:00~17:00という風に勤務時間を変更することが可能になるシステムになります。 時短勤務は、本来は出産や育児、介護による離職を食い止めるためのひとつの制度としてスタートしました。 こうした制度の流れを受けて、改正・育児介護休業法の規定とは別に、最初から家事・育児と仕事の両立を行ないたいと思っているママ世代を対象とした時短勤務が可能な職業の募集も行なわれるようになって来ています。

◆時短勤務が可能な職業や職場の特徴とは?

それでは、時短勤務が可能な職業や職場にはどんな特徴があるのでしょうか?その特徴についてチェックしてみましょう。 ●突発的な対応が必要でない 時短勤務の場合、突発的な対応が必要でない職業であることがポイントになって来ます。比較的、仕事の流れが定型化されている職業であれば、急な対応を迫られるケースが少ないため時短勤務が可能な職業と言えます。 ●シフト制勤務が取り入れられている シフト制勤務が取り入れられている職業の場合、決められた就業時間で仕事を終了することが可能です。シフト制勤務が取り入れられている場合、就業時間を労働者の都合に合わせて決めることが出来るケースが多くあります。 ●女性の勤務者が多い職場 職場環境として女性の勤務者が多い職場では、既に時短勤務を利用している人がいるため、時短勤務の運営をスムーズに行なっているケースが多くあります。 デパートや化粧品会社、生命保険会社など多くの女性が活躍しているところであれば、制度も充実していて積極的に採用している傾向にあります。