175-1
女性は多趣味なことが多いですが、男性は一つの趣味に没頭しやすい傾向があります。もちろん例外もありますが、一般的にはこうした男性や女性が多いのではないでしょうか。 夫が趣味を持つのは良いことですが、あまりにも趣味に没頭する夫の場合、その趣味自体を嫌ってしまう妻もいることでしょう。妻は夫の趣味に対して、どこまで妥協すれば良いのでしょう。 ■夫の趣味が許せない理由 夫の趣味に理由もなく妻が嫌うわけではありません。いろいろな原因が重なり、夫の趣味を嫌うようになるのです。 まず考えられるのは、夫が趣味にお金を使いすぎることです。一つのことに没頭し始めると、何ごとも極めなくては気が済まないという男性の場合、お金をかけてしまいます。 経済的に余裕のある家庭なら問題ありませんが、一般的な家庭の場合、マイホームや子どものために節約を重ねています。 家族のために一円でも安い食材を買おうと努力している妻にとって、夫の趣味はムダにしか見えません。自分ばかり我慢していると不満がつのり、夫の趣味も嫌いになってしまうのです。 また、家族の時間を削ってまでも趣味に没頭する夫も多く、それを不満に感じている妻もいます。 趣味に没頭している間は何も考えずにすむので、ストレス発散の効果もあります。しかし家にいる間ずっと趣味に没頭していると、逆に妻のストレスの原因になってしまいます。 共働きをしている夫婦も多く、仕事だけでなく子育てや家事に追われている妻にとって、夫の趣味は何の役にもたちません。そんな時間があるのなら、少しでも家事や育児を手伝ってほしいのが本心でしょう。 こうした理由から、夫の趣味が嫌いになってしまう妻が多いようです。