20181225douhan01

いつの時代も人々を悩ませる嫁姑問題。「姑が意地悪をする」「義母と疎遠」といった題材はドラマなどでもよく見かけますが、逆に仲が良すぎても悩みの種となるようです。最近では何をする時にも同伴してくる義母について、様々な意見が交わされていました。

 

家族水入らずの時間を義母が妨害?


以前とある悩み相談サイトには、「何をするにも義母が同伴しようとしてくる」との書き込みが。投稿者は幼い娘を育てる母親で、家族水入らずの時間が作れなくて困っているといいます。

 

例えば家族3人で外食をしようと思っても、「私もいきたい」という義母を無下にできず4人で外出。たまに遠くへ旅行をするときも、決まってついてくるそうです。ちなみに投稿者は2世帯住宅に住んでおり義母とは同居中。嫁姑の関係は良好なのですが、「家族3人で出かけたい時は遠慮してほしい」と訴えていました。

 

このお悩みにネット上では様々なアドバイスが。「確かに毎回ついてこられたら、気が休まらないし可哀そう。嫁という立場では言いづらいと思うので、一度夫に説得してもらってみては?」「はっきり『今日は3人で食事したい』って伝えて、後でフォローしたらよさそう」「家族3人で『デートに行きたい』って言えば、義母さんも遠慮してくれるかも」といった声が寄せられています。

 

一方で「同居してるならそれが普通」「義母も“家族”なんだし、のけ者にするのは可哀そう」「子どもの面倒とか見てくれそうだから、むしろついて来てもらった方がいいのでは?」といった声も。また「発想を変えて、義母さんに甘えるだけ甘えてみたらどう?」という提案も書き込まれています。