147-1
仕事に家事に、育児にと、毎日追われるような生活を送っているワーキングママへ。休日くらいは子どものお風呂をパパに任せて、一人でゆったりバスタイムを満喫したいもの。もちろんリラックスするだけでも十分ですが、そこにボディケアを加えて、体も心もリフレッシュしませんか?入浴中にできる美容法をご紹介します。

1.入浴の効果

日本人なら毎日のように入るお風呂ですが、入浴するだけでも女性にはたくさんの効果があります。 入浴すると体温が上がり、血の巡りがよくなります。この巡り(循環)というのは、美容にも健康にもとても大きな役割を果たしているのです。年齢とともに人間はこの巡りが悪くなっていき、巡りが悪ければ、体の中の老廃物が排出されずに溜まったままになってしまいます。シミや脂肪もある意味老廃物であり、溜まったままでいたためにシミや脂肪という姿に変わってしまったのです。 入浴することで巡りが良くなると、老廃物が汗と一緒に出ていき、かわりにコラーゲンなど体に良い成分が、体の隅々まで行きわたります。脂肪も燃焼し、シミの素となる色素も排出されます。 また、入浴は睡眠にも効果があります。入浴後の体温の低下は心地よい眠気をもたらし、ぐっすりと眠ることで、体にも心にも良い影響をもたらしてくれるのです。 バスタイム、あなどれませんね!

2.効果を最大にするために、入浴前にすべきこと

このように、湯船に浸かるだけでさまざまな効果をもたらしてくれる入浴ですが、その効果を最大にするために、入浴前にしておくべきことがあります。 それは「水分を摂っておく」ことです。 おすすめは、発汗をより促す温かい飲み物なのですが、常温でも構いません。コップ一杯程度の水を飲んでおきましょう。 デトックス効果を上げることはもちろんですが、入浴中の脱水症状を防ぐためにもぜひ習慣にして下さい。