9-1
働くママにとって、頭を悩ませがちなのが、「子どものお弁当」問題です。自分のお弁当よりも、はるかに気を遣う……!なんてママも多いのではないでしょうか。 栄養バランスはもちろんのこと、彩りや見た目だって大切なポイント。せっかくのお弁当、子どもにはぜひ、楽しく美味しく食べてもらいたいものです。それにも関わらず……「冷蔵庫を開けたら、メインになりそうなおかずがない! やっちゃった!」なんて経験はありませんか? こんなピンチを上手に乗り切る! 食材不足を上手に乗り切るためのお弁当のコツを紹介します。

 

■卵はお弁当の救世主! オムライス弁当で華やかに

今日はお弁当の日なのに、冷蔵庫には何もない……! こんなときでも「卵」が一つあれば、ピンチを乗り切れる可能性も高いです。子ども人気が高く、華やかさも抜群のオムライス弁当にしてしまいましょう! 作り方は簡単で、冷蔵庫にある野菜を刻んで、ごはんと共に炒め、ケチャップで味付けをします。お弁当箱にごはんを詰めたら、その上に薄焼き卵をかけて完成です。 もちろん「おかずゼロ」というわけにはいきませんが、ボリュームのあるオムライスで、お弁当箱の大半を埋められます。またごはんの中に野菜やハムが入っているため、栄養バランスも整いやすくなるでしょう。 黄色い卵のオムライスは、子どもに人気の「キャラ弁」の土台としても使えます。 ・オムライスを丸い形にして、ケチャップで顔を描く
・チーズや海苔を使って、黄色いキャラクターに仕上げる(ミニオンやくまのプーさん、ぐでたまなど) 材料が少なくても、ちょっとした工夫を凝らすだけで、子どもが喜ぶ華やかなお弁当へと変身させられますよ。