20181127kousyuu01第一三共ヘルスケア株式会社が、20代から50代の有職女性800人を対象に「働く女性が気になる口臭とオーラルケアトレンドに関する実態調査」を実施。相手の口臭が気になると、 話が半分しか頭に入ってこないことが判明しました。

 

年を取るにつれて「同僚」の口臭が気になる?


まず「現在の職場で上司や部下・同僚の口臭が気になることがあるか?」と質問。その結果、全体の半数以上(51.5%)の人が「いつも気になっている」もしくは「気になることがある」と回答しました。年代別でみると30代が最も多く、56.5%が職場の人の口臭を気にしているようです。
20181127kousyuu02

 

20181127kousyuu03
「職場で口臭が気になることがある」と回答した人に「どんな人の口臭が気になるか」と聞いたところ、全体の6割以上(63.6%)が「上司」と回答。20代~40代は「上司」との回答が多かったですが、50代になると「同僚」と回答する割合が増えています。

 

20181127kousyuu04
さらに「口臭が気になったとき、どの程度その人の話を理解できていると思いますか?」と質問。話の理解度を0~100%で聞くと、全体平均は54.4%という結果に。口臭が気になると、相手の話の理解度が低下することがわかりました。

 

20181127kousyuu05
また「口臭が気になる人からアドバイスをもらったとき、素直に聴き入れて実践できていると思いますか?」と聞いたところ、アドバイスの実施率は全体平均で56.6%に。口臭があることで、アドバイスの実践度が半減してしまうこともわかっています。