95-1
ワーママが増えている今、家計と仕事の両立のため「夫の扶養内で働く」という選択をする方も少なくありません。扶養内で働けば、さまざまな控除をしてもらえます。 「扶養内で稼げる金額」に不満がないのであれば、非常に効率の良い働き方だと言えるでしょう。 とはいえ、扶養に関するルールは意外と難しいもので、2018年からはその内容が一部変更されています。具体的にどのように変更され、私たちの働き方にはどんな影響があるのでしょうか。 「こんなはずじゃなかった!」を避けるために知っておくべき基礎知識と、働き方の実例について解説します。

 

■2018年配偶者控除・配偶者特別控除の変更点とは?