77-1
そろそろ赤ちゃんを迎える準備をする際に、ベビー用品を購入しようか、それともレンタルにしようか迷っていませんか? 赤ちゃんはアッと言う間に大きくなりますので、ベビー用品を使う時期は限られてきます。使わなくなってしまった後のことを考えると、保管場所や費用を考えるとレンタルした方が良いのではないかとも思えてしまいます。 そこで、ベビー用品をレンタルする際のメリットとデメリットについて考えてみることにしましょう。

◆ベビー用品それぞれの使用期間

ベビー用品として必要な主なものは、肌着(50cm)、肌着(60cm)、ウェア(50cm~70cm)、紙おむつ(新生児用)、おむつカバー(50cm)、哺乳瓶&乳首、ベビーバス、ベビーベッド、ベビー布団、チャイルドシート(乳児・幼児兼用)、A型ベビーカー、B型ベビーカー、抱っこ紐(新生児からのタイプ)になります。 これらの中で、肌着、ウェア、紙おむつ、おむつカバー、哺乳瓶&乳首は消耗品として購入することになると思いますので、まずは、これらを除いたベビー用品について、それぞれの使用期間について確認しておくことにしましょう。