面接で聞かれる質問はある程度決まってる?


人事担当者へ「入社後に面接時とのギャップを感じたことがあるか?」と聞いたところ、「非常にある・ある」と回答した人は50%。フリーコメントには「誠実そうだったが、すぐに辞めてしまった」というネガティブな回答が。しかし「面接時よりも入社時の方が明るかった」といったポジティブなものもあり、悪いギャップだけではないこともわかりました。

20180926saiyo04

 

面接は短時間で実施される上にお互いよく見せようとしてしまうため、ギャップが生まれやすいのでしょう。企業・求職者ともに本来の姿を見せ合った方が長い目で見るとお互いにとって最良ですが、なかなか難しいのが現実のようですね。

 

20180926saiyo05

面接で質疑応答以外に取り入れている手法を聞いたところ、「性格検査」が34%、「計算問題」21%、「一般常識問題」が16%に。しかし最も多いのは、「特になし」の47%だったことがわかりました。一番最初の質問では「面接での見極めの難しさを感じている」との結果になった反面、特別な手法を取り入れている人事担当者は少ないようす。

 

初めて会う人の本質を短時間で見抜くのは非常に難しいもの。しかし話す内容以外に、受け取る印象や情報を上手く活用できれば面接の精度を高められるのかもしれません。

 

■調査概要


調査名称:採用面接の悩みに関するアンケート調査


調査対象:中小企業の人事担当者


調査期間:2018年6月26日~2018年8月6日


調査方法:顧客によるアンケート調査


有効回答数:106サンプル


実施機関:株式会社ONE