「自分の両親や家族を大事にする夫」。聞こえはいいし、家族が不仲よりはずっと良さそうですが…義家族の仲が良すぎると、妻にとっては疎外感や居心地の悪さを感じて大変なこともあるようです。今回はそんな仲が良すぎる家族に嫁いでしまった妻たちの体験談をご紹介。この居心地の悪さはすさまじい!

「家族水入らず」に、私は入っていますか?(里恵さん/27/保険外交員)

うちの旦那は、自分の家族と異常なほど仲が良いんです。一日おきくらいで両親のどちらかと電話で連絡をしているようですし、誕生日やお正月だけでなく、父の日や母の日、両親の結婚記念日まで、必ず実家を訪れて家族で過ごしています。 家族旅行も頻繁で、温泉地や海外に出かけるのが恒例行事。結婚してからは私もすべての家族行事に参加しています。子どもは、おじいちゃんやおばあちゃんに会えて楽しそうで良いのですが…私はというと、いつも〝アウェイ感〟を感じています。
shutterstock_281066483
たとえば家族写真を撮るときなどは、私も入った写真のあとに、必ず「旦那と義父・義母で3人の写真」を撮り直しますし、飲食店に入れば必ず、旦那の両隣に義父と義母が座ります。 義母が口癖のように言う「家族水入らず」という言葉に、どうしても〝私が入っている気〟がしなくて…旦那の両親と出かけるときは、いつも居心地の悪さを感じてしまいます。