最近、自分が満たされるためだけのご飯、作ってますか?

 

漫画『あのにめし』では、料理好きの漫画家・オカヤイヅミさんが「今これが食べたい!」と心赴くままに記す、メニュー未満の簡単ごはんを紹介します。

 

思わず自分だけの幸せを味わう贅沢を噛みしめて…今日も美味しくいただきます。

「至福のひとり揚げ物『いい季節を逃さないのも忙しい!』」

 

漫画「あのにめし」43話P1

今日のあのにめし
「春の終わりの揚げ物」

漫画「あのにめし」43話P2

毎年、初夏が永遠に続けばいいのにと思いますが、続かないからこその楽しみだということも流石にわかってはいます。

 

寒さがとても苦手なので、「寒の戻り」も流石になく、上着もいらない季節は本当に嬉しいです。

 

揚げ物をするときの、必然的にちょっとキビキビ動いてしまう自分も、

 

心地よく騒がしい油の熱される音も、この季節に合います。

 

揚げている間がなるべく長ければいいなと思います(焦げたら台無しですけれど)。

作/オカヤイヅミ