マーケティングのひとつの方法として、さまざまな企業が取り組むSNSの公式アカウント。

 

そのひとつの成功例として、彗星のように現れたのは、Twitterのフォロワー数6.5万人の安井ファームさん。

 

いったいどのように「ブロッコリーの人」として、不動の地位を築き上げたのでしょうか。

「正直レシピ本まで出せるとは思っていませんでした」

遠慮がちに語るのは、ブロッコリーにまつわるユニークな発信で人気を博す、安井ファーム公式Twitterアカウントの中の人。

 

広報課の担当者が運用しています。

 

フォロワー数もさることながら、最近はブロッコリーに特化した著書『日本一バズる農家の健康ブロッコリーレシピ』(KADOKAWA)も話題に。

 

「オッケーブロッコリー」「ナイスブロッコリー」といったブロッコリー語からキャラ設定まで、何から何までブロッコリー愛溢れるキャラクターが魅力です。

LINEスタンプまでリリースしている愛がすごい

入社8か月で二度目のがんに 葛藤の中で得た広報の仕事

「ブロッコリーの人」としてプロのアイデンティティを貫くためには、並大抵ではない努力をしているに違いありません。

 

SNS戦略の秘密を探るべく、担当になった経緯をたずねると、そこには意外なサイドストーリーがありました。

 

「広報担当として、ブロッコリーの選別作業のかたわらTwitterを運用していますが、もともと入社したときには、広報課という部署はありませんでした」

 

広報担当者は、安井ファームに途中入社をしてこの4月で8年目を迎えたといいます。

石川県産のブロッコリーの約3割を1社単独でシェアしている安井ファーム

 

ところが、入社して8か月のときに、二度目のがんが発覚。長く休むことになるばかりか、職場復帰後も、体調的な理由で力仕事もある農作業は当然できません。

 

「何もできないのに、ただただ出勤する…そんな日々が続いていました。

 

会社のゴミ拾いをしたりしていたのですが、何か自分にできることがないか、と社長との面談を重ねて広報の仕事を志願し、任せてもらえるようになりました」

ブロッコリーに関係ないツイートでバズを体験⁉

広報活動のひとつでもあるTwitterの運用は、2019年の2月からスタート。

 

当初は、プレゼントでフォロワーを増やすキャンペーンが中心で、その場しのぎの投稿が多かったと語ります。

 

運用開始からわずか13日目にバズを体験。

 

「最初に大きな反響があったのは、バレンタインデーの日にまつわる妻とのエピソード。

 

ブロッコリーとは全然関係ない投稿でした(笑)」

もはや、企業アカウントということを忘れさせられる投稿に、只者ではない雰囲気を感じます。

 

また、健康上の理由から社員旅行に同行できず、代わりに滞在した温泉旅館でひらめいたという投稿では、新しい化学反応も起こりました。

 

「当時、地元で有名な温泉旅館『川端の湯宿 滝亭』さんのアカウントが発信していた『♯旅館あるある』のハッシュタグツイートをきっかけに、交流が生まれたんです」

 

さらには、中の人同士が実は同級生だったという運命的な再会を経て、名物となっている「26日の戦い」が誕生。

 

「風呂の日か/ブロッコリーの日か」論争の掛け合いによって、ファンを大きく巻き込んでいくのです。

人気の背景にある“やさしさ”と“ユーモア”

それでも、運用から1年経ったあるとき、投稿のマンネリ化に悩み、Twitterをやる意義について向き合う日々があったといいます。

 

「もちろん会社のPRとしての役割はあるのですが、社会貢献としてブロッコリーの情報発信をしていきたい、と強く思ったのが転機かもしれません。

 

運用当初は、農業のアカウントですから、ツイートに寄せられるのは、農業関係の質問だろうと思っていたんです。

 

でも、意外と多く寄せられたのは、ブロッコリーの選び方や食べ方についての悩みでした。

 

図書館で研究論文などの資料を調べて答えるということを重ねるうちに、知識が身についていきました」

広報担当者自作の画像。ブロッコリーの調理方法がわかりやすく解説されているのに加えて、サイコロを振って調理方法を選べるユーモアも

 

料理に関しても、未経験ながらトライ&エラーを繰り返し、唐揚げの調理をヒントに「麺つゆ漬け揚げ」のレシピが誕生。

 

Twitterのいいねは、なんと13万!過去最高の大きな反響を巻き起こしました。

 

その後もユニークなGIF画像をはじめ、ブロッコリーにはまったく関係のない〇〇の日に絡めたやや強引な挨拶や、「オッケーブロッコリー」なるブロッコリー語を巧みに操る発信も名物に。

ユニークなGIF画像も広報担当者が作成している

 

プロフェッショナルな世界観づくりによって、フォロワー数は6.5万人となり、「ブロッコリーの人」としての地位を不動のものにしていきました。

 

「投稿の際に意識しているのは、正解を伝えるのではなく、あくまで選択肢を提案するというスタイルです。

 

ブロッコリーのお役立ち情報の発信はもちろんですが、コロナ禍という激動の時代、なかには憂うつな気分の方もいるかもしれません。

 

そんな皆さんに笑顔を届けられるように、ゆるく楽しめるという点も大切にしています」

2019年10月に農林水産祭の園芸部門で「内閣総理大臣賞」を受賞している安井ファーム

 

取材終了時、「オッケーブロッコリー!」とお茶目に締めてくれた広報担当者。

 

ブロッコリーへの熱い思いに加えて、Twitterの投稿からも滲み出るやさしさとユーモアが、人々を魅了する理由なのかもしれません。

 

PROFILE 安井ファームさん

石川県白山市の農業法人。同県におけるブロッコリー作付面積の約3割を1社単独でシェアしている。令和元年「内閣総理大臣賞」を受賞。Twitterの公式アカウントのフォロワーは6.5万人。著書『日本一バズる農家の健康ブロッコリーレシピ』(KADOKAWA刊)が話題。

取材・文/石橋沙織 画像提供/安井ファーム