netflixのおかげでTOEICで905点を取れたと話すユウカさん

Netflixを活用して英語を学び、TOEIC905点までアップしたユウカさん(23歳)。その勉強方法はTwitterでも大きな話題に。勉強は嫌いだけど、身につけたかった英語力。暇つぶしで始めた、映画やドラマの視聴が人生の選択肢さえ広げたといいます。これまでの経緯や人生の変化について、ユウカさんに話を聞きました。

自宅でホームステイの受け入れをしたのが興味のきっかけ

もともと勉強嫌いだったユウカさん。英語にもまったく興味がありませんでした。

 

それが一変したのは、中学校の卒業前。マレーシアにあった姉妹校からの留学生を、ホストファミリーとして自宅に受け入れたのがきっかけでした。

 

「人と接するのが好きだし、何か新しいことをしたかったので、両親の同意のうえで受け入れました。私も含め、家族はほとんど英語が話せません。

 

それでも留学生の彼女は私たちを理解しようとしてくれました。それが嬉しくて英語で自由に話せるようになりたい、私もいつか留学したいと思ったんです」

 

高校に進学してからは多くの課題に追われ、単語や文法を繰り返し勉強させられる毎日でした。

 

必死についていきましたが、もともと勉強嫌いのためストレスで体調を崩すほど。高校1年生のときに受けたTOEICはたった250点でした。

 

勉強ばかりの高校時代を送った反動で、大学生になってからは友だちと遊んでばかりに。ところが、意外な暇つぶしが人生を大きく動かします。

 

「大学生って勉強しないとヒマなことが多いんですよね。友だちと会っていないときはNetflixでひたすら大好きな海外ドラマや映画を観ていました。大げさではなく、毎日10時間くらい。それこそ朝起きてから、寝るまでずーっとです。英語の勉強というより、ただ楽しむためです」

 

留学生の友人たちとユウカさん
さまざまな国からの留学生の親友たちと。一番右がユウカさん

 

ユウカさんの大学は、1年生のときにTOEICを受けるのが必須項目でした。絶対に点数はとれないだろうと思いながら、しぶしぶ受験することに。

 

「ところが結果は、当時の私にとっての最高得点!勉強してないのに、何が起こったのと信じられませんでした。海外ドラマなどでずっと英語を耳にしていたおかげで、知らず知らずのうちに力がついていたみたいです」

 

机に向かって勉強するのが苦手なユウカさんにとって、ドラマや映画の視聴で英語に触れるのはピッタリの学び方だったのです。

 

「私はドラマが大好き。何時間でも観ていられます。今でも英語の勉強をするんだと気負っているわけではなく、楽しいことを続けている感覚。日本で暮らしながらでも、英語力は上げられると実感しています」

 

リスニングもスピーキングも発音も、全部上達したのはNetflixのおかげ。ただ、振り返ってみると、高校時代に単語や文法を徹底的に叩きこまれたのが基礎になっているとも感じるそう。

 

Netflixだけだと、単語や文法は身につけるのに時間がかかるので、ある程度はテキストで勉強したほうが早く習得できると思います。

 

高校時代の学習のおかげで、私は改めて勉強する必要がありませんでした。当時はつらくてストレスでしたが、今は感謝しています」

英語のおかげで自分自身が変われた

英語力がつくにつれ、人間関係も変化していきました。授業や飲み会で知り合った、同じ大学の学部にいる留学生たちと、本音で付き合える親友になれたのです。

 

「これまで友だちとおしゃべりするときは、無意識に相手がどう思うかを考え、自分の気持ちをうまく表現できませんでした。

 

でも、留学生たちははっきりと本音を言います。だから私も、相手を信頼して本心を伝えられるように。これは大きな成長だと思います」

 

せっかくついた英語力を生かそうと、大学12年生のときはバックパッカーとして約15か国を転々。どの旅先でも友達をつくりました。

 

さらに英語力を伸ばそうと、試行錯誤しながらNetflixを効率的に活用して勉強した結果、大学3年生のときにはTOEIC905点を獲得!

 

興味の幅も広がりました。大学の専攻科目である「貧困層に向けたソーシャルビジネス」を海外で勉強したいと、大学の交換留学を希望します。

 

ところがここで大きな問題が。大学での成績が基準に達せず、申し込みさえできなかったのです。

 

「ずっと遊んでいたツケですよね。多くの国に行ったけれど、その間授業は休み、単位も取得していませんでした。

 

学生時代にしかできないことを楽しんだつもりでしたが、実際は選択肢を狭めていたんです。ものすごく後悔しました」

 

ユウカさんがワーキングホリデーで滞在するトロントの夜景
トロント市庁舎前の広場の観光名所「TORONTO」のモニュメント

 

それでもはあきらめきれなかったユウカさんは、海外で生活し、異文化に触れたいと、カナダへのワーキングホリデーを申し込むことに。

 

「そうしたら、コロナ禍になってしまいました。出発2週間前にカナダが国境を閉め、全部キャンセルに。落ち込みましたが、状況が好転することを信じてビザを延長し続けました。

 

でも、コロナはいつまでも終息しないし、ビザの延長は最長2年まで。ギリギリまで延ばしたので、後がなくなってしまったんです」

 

カナダへのワーキングホリデービザの取得は、基本的に一生に一度。このチャンスを逃すと、もう一生行けなくなる可能性があります。20221月からカナダへの渡航をユウカさんは決意しました。

 

「状況は今も変わらないし、決していいタイミングではないかもしれません。でも私にとっては最後のチャンス。ここであきらめたら一生後悔すると思うので、決断しました」

 

カナダでは毎日さまざまな人に出会え、新鮮な日々を送っているそうです。ホームシックになるときもあるものの、勉強したいことが山のようにあり、ワクワクしているユウカさんは言います。

 

「語学学校では、語彙力がたりないと課題に気づいたり、お店で注文するときに緊張したり、まだまだな部分は実感します。

 

でも、新しく知り合った人に“Netflixで英語を学んだと言うと、そこから話が盛り上がることも多いですね。貴重な海外生活で、さらに成長していきたいです」

文/齋田多恵 写真提供/ユウカさん
※上記は、ユウカさん個人の経験談・感想です。