ポイントや優待サービスなどで、お得な暮らしに役立っているクレジットカード。果たして、今、使っているものが自分にとって最適なものなのでしょうか? ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに聞いた、クレジットカードの見直しにぴったりな時期とは──。

生活環境と相性の良いカードを探そう

生活の中で当たり前のように使い続けているクレジットカードですが、ぜひ見直しをして欲しいタイミングがあります。それが就職や転職、引っ越し、子供の進学などで、生活環境が変わりやすい春です。

 

生活環境が変わると、大きく変化するのが「買い物をする場所」と、「利用する交通機関」です。生活する地域や通う場所が変わると、スーパーマーケット、ドラッグストア、アパレルショップ、美容院など生活費を使う店も変化します。

 

たとえば、近隣の大型商業施設で生活に必要なものがすべてそろう地域で暮らしている場合。商業施設が提携しているクレジットカードを使えば、衣食に関わる出費は大体そこで完結するので支払いも統一でき、ポイントも溜めやすく、会員限定の優待サービスも受けられるなんてことも。

 

しかし、引っ越し先の新しい生活地域には大型商業施設が近くになかったため、ネットネットショッピング中心の生活になる、なんてこともあります。その場合はECサイト内でポイントを使えたり、同社の他サービスと紐づけることでさらにポイントが溜まりやすくなる、相性のいいクレジットカードにしたほうが、支払いがラクになり、ポイントも溜まりやすくなります。

 

商店街を利用するようになった場合は、スーパーマーケットやドラッグストアなど生活費の中でも最もお金を使う店を中心に、使いやすいキャッシュレス決済があれば、そこと相性のいいクレジットカードを使うのがいいかと思います。

 

いずれにしても生活の中で、自分が最も金額を使う店と相性のいいクレジットカードにすると、お得に暮らせるのです。

クレジットカードの見直しで支出も改善

利用する交通機関が変わった際も、ぜひクレジットカードを見直しましょう。交通系ICカードと提携しているクレジットカードも多く、還元率が突出していることもあります。定期券代やICカードのチャージ額は少なくないので、利用沿線の交通系クレジットカードにすれば高い還元率でポイントを溜めることができます。溜めたポイントはチャージや沿線の駅ビルなどで、買い物をするときに利用できます。
クレジットカード
また春は、クレジットカードの内容が改定されることが多い時期でもあります。店舗やポイントの提携先、還元内容が変わることもあるので、現在の自分の生活スタイルに合っているか確認するいい機会でしょう。

 

クレジットカードを見直すことは、支払先やポイントについてだけでなく、お金の使い方を知るきっかけにもなります。どのクレジットカードでどのような支払いをしているか改めて見直すことで、無駄な支出がわかることも。使わなくなったクレジットカードの解約といっしょに、いらない支出を減らすことができます。

クレジットカードを持ちすぎると弊害も

使わなくなったクレジットカードを、そのまま財布に入れっぱなしなんて人もいるかもしれません。しかし、毎年年会費がかかるクレジットカードもあります。初年度が年会費無料だったため気づかなかったという事態にならないためにも、しっかりと年会費について把握しておきましょう。

 

また、クレジットカードを多く持っていることで、住宅ローン審査に通りづらくなったり、借りることのできる金額が少なくなってしまうこともあります。クレジットカードについているキャッシングの枠の分、借り入れをしているとみなして審査が厳しくなるケースがあるのです。住宅ローンを考えている人は、使わないクレジットカードはきちんと解約し、こまめに整理しておくのが良いですね。

 

ほかにも把握していないクレジットカードがあると、不正利用された際に気がつきづらいという注意点もあります。

 

クレジットカード会社に連絡をすれば、すぐに解約の手続きをしてくれるので、使わないのであれば放置せずに手続きをするのがおすすめです。

 

PROFILE 風呂内亜矢

ファイナンシャルプランナー風呂内亜矢先生
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者。「つみたてNISAの教科書(ナツメ社)」など約20冊の書籍のほか、テレビ、ラジオ、雑誌などのメディアで「お金に関する情報」を発信している。YouTubeチャンネル「FUROUCHI vlog」では日常の記録にお金のTipsを交えた動画を更新。

取材・文/酒井明子