毎日がキラキラしていた頃は過ぎ、どこか人生が見えてきたような気分で日々を過ごしている中学生のキヨシ。その母・青柳由美子は、仕事のできるシングルマザーです。

 

ふと息子に「一緒にお風呂入ろう」と声をかけた由美子。息子の反応を見た母親の気持ちは…。

息子とお風呂に入れる期間は短いけれど

作/あまいろ