みなさんは、ママ友とのランチにいくらかけますか。一般的には月に1回~2回、1000円~2000円前後(ドリンク代含)だそうです。でも、たまには贅沢したい! そんな時には国立でのフレンチがおすすめです。JR中央線で新宿から約23分とアクセスも良く、緑豊かな文教都市には、たくさんのフレンチのお店が点在します。今回は国立市のフレンチレストランを紹介します。

01

国立駅から徒歩9分、チャペルのあるレストラン「#MarryMe」。 国立駅南口からまっすぐに伸びる大学通りにあるクリーム色の建物です。 フレンチをベースに様々な技法を取り入れたフレンチ創作料理になります。

02 03

ランチコースは2種 季節限定コース:3500円(税抜) 本日のランチ:2000円(税抜)

 

筆者は本日のランチにしました。 内容は シェフの特製サラダor本日のスープ メイン料理+パン デザート+コーヒーor紅茶

04 05 06

ベビーカーでも段差なく入店できる店内は、明るくアットホームな雰囲気でカジュアルにフレンチを楽しむ事ができます。

07 08

毎回のママランチがフレンチではなく、たまには贅沢にフレンチランチを選んでみるのはいかがでしょうか。 いつも以上にママ友との会話が弾むかもしれません。 学校での子供の様子や、地域の話題、進学相談や、習い事など同じ年頃の子供を持つママ同士で話は尽きることなく時間が過ぎていきます。 バックグラウンドが違うママたちの意見は様々で色々な育児や家庭でのルールもあります。子供がいなかったら出会うことがなかったママ友と言う存在。 煩わしいと捉えますか。 育児を共に乗り越える仲間だと捉えますか。 捉え方次第で変わる関係がママ友でもありますよね。

 

毎日の追われる家事や育児から離れた時間を楽しく過ごせたら、きっと大きな笑顔で「おかえり」が言えそうな気がします。 非日常をママ友とフレンチランチ、おすすめです。

CHANTOママライター/中谷絢子