あえて弱い部分を見せてなんでも分かちあえる仲に

「自分のことを話さない人は心を開いていないように見える」といった意見が出ていましたが、どんなきっかけで相手と打ち解けられるものでしょうか。

 

現状の打開策として特に多く挙がっていたのが、“自分の弱い部分を見せる”というもの。

 

ある人からは「前に友達から仕事の悩みを相談されて、解決法を考えてあげた。後日その子の問題が解決した時は、一緒に乗り越えたっていう連帯感が生まれたよ」といった体験談が。ほかにも「ちょっとバッグを持ってほしいとか、些細なお願いをされると、頼みづらいことを言える仲なんだなと安心できる」という声が上がっていました。

 

ただ、「自分のダメな部分を見せると、弱みを握られるんじゃないかと不安」「詐欺とかも怖いし、家庭の事情を話すのは気が引ける」など、自分の弱みをさらけ出しすぎるのをためらう人も。

 

あまり深刻な問題を話すよりは、ちょっとした困りごとを相談するのが良さそうです。