もうすぐクリスマスですね♪ 家族やお友達とクリスマスパーティをする方も多いのではないでしょうか。毎日慌ただしく過ごしているワーママにとって、年末は特に大忙し。 まだ小さな我が子のために、安心な手作りケーキを作ってあげたいな。。。と思いながらも、慌ただしさに追われて、つい市販品で済ませてしまうのが現実ではないでしょうか。 市販のケーキはもちろん魅力的♪ でも、ようやく離乳食が完了したばかりの赤ちゃんに、お砂糖や生クリームたっぷりのケーキを与えるのは抵抗がありますね。 2〜3歳にもなると、特に上の子がいたりすると、デビューは嫌でも早くなりがちですが、あまり早い時期から子どもの舌を慣れさせたくないのが本音。 我が家では、お砂糖はなるべく与えないようにしているので、『簡単!可愛い!クリスマス気分が味わえる!』こちらを、毎年作っています。
20171220-1
材料は、たったの4つ!

 

・サンドイッチ用のパン

・いちご

・バナナ

・ヨーグルト(生乳100%がお薦め)

 

サランラップの上にパンをのせ、ヨーグルトを塗り、バナナをのせたら、サランラップごとくるりと巻くだけ! 冷蔵庫で少し寝かせてから半分にカットするとまっすぐ立ちます。ろうそくのろうが垂れてる風にヨーグルトをかけて、苺をトッピング♡ ※生乳100%のヨーグルトはとろりとしているので、『ろうが垂れてる感』を演出できます ここでは写真用に砂糖菓子を載せていますが、お皿にボーロや刻んだ苺を散らすだけで、華やかで可愛いデコレーションができます♪ まだ小さな子どものおやつには、砂糖たっぷりのお菓子ではなく、食材の自然な甘みを活かした軽食がおススメ!アレルギーへの配慮は必要ですが、これなら食事感あるデザート風を演出できますよ。 我が家の子どもたちは、クリスマスが過ぎても、『ろうそくのケーキ作って!』とリクエストしてきます^^ スーパーで売ってる普通の材料で気軽に作れるのも、ハードルが低くて有り難いですね。 我が家のイベント時には、サンドイッチ用のパンをスポンジの代わりに、水切りしたヨーグルト(このときは生乳ではなく普通のもの)を生クリームの代わりにして、ケーキ風の軽食をよく作ります。
20171220-2
12月生まれの娘用に作った、1歳のお誕生日ケーキ風お食事パン