個人的に苦手であっても、仕事上避けられない人間関係というものもありますよね。 その中でも、特に上司との関係に悩む方は少なくありません。


 

とはいえ、上司が嫌いだからという理由で仕事を次々変えるわけにもいかないのが現実。 どうしても苦手な上司がいるとき、どのように対処すればいいのでしょうか?

嫌いな上司の攻略は「分析」から

まずは、上司の何が嫌いなのか分析するところから始めてみましょう。 先入観を捨てて上司を冷静に観察してみると、対処法が見えてきます。


 

もしパワハラやセクハラ、脅迫、暴力などが原因で上司が嫌いな場合、上長や人事などに相談しにいくという方法もあります。


 

パワハラやセクハラというほどではないけれど、日々の些細な言動がストレスの原因になっている場合は、業務上最低限の接触にとどめるという手も。

 

さらに、具体的な対処法を見ていきましょう。

限界!!嫌いな上司の対処法とは?

嫌いな上司の分析の後は、それにどう対処していくべきかを考えましょう。


対処方法をいくつかご紹介しますので、無理はせず、自分のできることから気軽に実践してみてください。

 

①できるだけ意識しない・関わらない

「そんなの無理!できたら苦労しない!」ですよね。危険を回避するためにも、どうしても嫌な物は目で追ってしまうもの。


 

就業中は難しいですが、休憩時間は上司が視界に入らない所へ行くなどして、接触時間を減らしてみてはいかがでしょうか?


 

社会人としてのマナーや礼儀は守りつつ、なるべく深入りしないよう心がけましょう。

 

②結果を出して上司に文句を言わせない

これも難しいですが、上司をギャフンと言わせたいガッツのある方にはオススメです。


 

上司より昇進できれば理想的ですが、そこまで行かずとも上司に「アイツは手のかからない奴だ」と認識されればOK。


 

上司と距離ができますし、自分のスキルアップにも繋がります。

 

③ゲーム感覚で攻略する

対象者を落とす攻略ゲームが得意な方、比較的心に余裕のある方は、楽しみながら上司を攻略してみてはいかがでしょうか?


 

相手はどんな事が好き・嫌い、この場合はこのやり方で切り抜ける、こう言えば機嫌が良くなる…など相手のパターンを見抜いて危険を回避しましょう。


 

攻略していく内に相手の情報が集まり、「知れば知るほどそんなに嫌な人じゃなくなった」ということもあります。