1か月にどれくらい鎮痛薬を飲む?

 

iStock.com/Ca-ssis
まず「1か月のうち何日間、鎮痛薬を使用しているか」をチェックしてください。 慢性的な頭痛には「片頭痛」や「緊張型頭痛」などのケースも考えられますが、日本頭痛学会の診断基準では、 1か月のうち15日以上(カフェインが含まれる薬剤は10日以上)服用している人は「薬剤の使用過多による頭痛」の可能性が高いとしています(※2)

 

再発することが多く治療が難しい

 

iStock.com/SetsukoN

 

「薬剤の使用過多による頭痛」は、治療が難しい頭痛のひとつ。 まずは鎮痛薬の頻回な使用を避けることが大切ですが、使用を中止しても症状が改善するの約7割。3割の人は頭痛が再発するとされています。 その場合には、原因となる鎮痛薬とは別のタイプの薬を使用しなければならなかったり、ひどい場合には入院治療が必要になることもあります。 万が一、「薬剤の使用過多による頭痛」を発症した場合は、できるだけ早い対処が必要となります。 薬が効かなくなった、効いている時間が短くなった、いつも鎮痛薬を飲んでいないと不安…こんな変化が見られたら、できるだけ早く病院に相談しましょう。

 

>>NEXT 自己判断を続けてはいけない