いよいよ忘年会の季節がやってきました。
食事をして解散!という企業も増えてきているようですが、「二次会はカラオケで」という企業も少なくありません。

 

そこで悩むのが、「外さない曲選び」です。幅広い世代が集まる職場のカラオケは、何を選曲したらいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、上司にも若い世代にもウケる「カラオケの鉄板ソング」をご紹介します。

おすすめのカラオケ最新定番曲

職場の仲間と行くカラオケは、歌うことが好きな人にとってもなかなかハードルが高いもの。その場に参加している全ての世代に刺さる曲を探さなくてはいけないので、いきなりマイクが回ってくると焦ってしまいますよね。 そんなときは、これからご紹介する5曲を選んでみてはいかがでしょうか?

 

①AKB48「恋するフォーチュンクッキー」

みんなで歌って踊れるカラオケの鉄板ソングといえばこちら。 若い世代にはもちろん、上司世代でも知っている人が多いので、みんなで盛り上がれること間違いなしの一曲です。

 

曲調もアップテンポなようで意外とスローな部分が多く、歌に自信のない方でも歌いやすいのがポイント。
踊りも単調なので職場のみんなと一緒に踊ってその場を盛り上げましょう。

 

②RADWIMPS「前前前世」

映画「君の名は」で一世風靡した大ヒットソング。
若い世代の間で抜群の知名度を誇る曲ですが、実は上司世代も「CMでサビだけは聞いたことある!」という人が多いそう。

 

若手も上司世代も一緒に盛り上がれる一曲としておすすめです!

 

③松田聖子「あなたに逢いたくて」

主に上司世代にウケる曲ですが、こちらの曲は歌詞に注目。

 

サビでは、タイトルにもなっている「あなたに逢いたくて」というフレーズが連続します。 これを普通に歌ってもいいのですが、歌詞の「あなた」の部分を人名や社名に変えたりするとより盛り上がります。

 

④DA PUMP「USA」

カラオケの雰囲気が盛り上がってきたら、やや激しいダンスソングも取り入れてみましょう。 非常に話題になった曲なので、上司世代でも知っている人は多いようです。

 

「いいねダンス」は初見でもすぐにできるダンス。親指を立てた手を振るだけでいいので、上司世代の人も挑戦しやすいのではないでしょうか。 世代を超えた一体感を味わいたいなら、ぜひこの曲を歌ってみてください。

 

⑤イルカ「なごり雪」

卒業式ソングとして定番の歌ですが、実は忘年会のカラオケシーズンにもおすすめ。
忘年会の時期は、退職したり異動する社員もいるため、餞別代りの曲としても使えます。とくに締めのあたりに取り入れるといいでしょう。

 

しんみりとした曲調で上司も思わず「ほろり」ときてしまうかもしれません。