寒がりさんにはつらい季節、冬の到来です。
家の中にいて暖房を使っていてもなんだか寒くて、できるなら布団やこたつから一歩も出たくない…ということはありませんか?

 

効果的な寒さ対策をするなら、北欧の暮らしからヒントを得るのがおすすめ。 北欧の暮らしをヒントに、冬を楽しく過ごすアイディアをご紹介したいと思います。

北欧の冬の平均気温は?


そもそも北欧=寒いというイメージはありますが、具体的にどのくらい寒いのかご存知の方は少ないのではないでしょうか。
北欧を代表する国、フィンランドでは1月から2月の平均気温はなんと氷点下。デンマークでも平均気温は0度前後とされています。
日本の冬も寒いとはいえ、北欧と比べるとまだ暖かいほうだといえるのかもしれません。

寒さ対策は北欧の食生活を参考に


0度や氷点下が平均気温ときくと、冬を越せないのではないかと心配になってきてしまいます。
しかし、北欧の人たちは極寒の季節を暖かく過ごすために、さまざまな工夫をしているそうです。

 

まずは日々の生活に取り入れやすい食べ物や飲み物からご紹介したいと思います。

 

甘い物やコーヒーを飲んでリラックス

北欧の人たちに人気の甘い飲み物やコーヒー。 実はコーヒーの消費量が世界的にみても多い北欧地域。 人間は極端に寒かったり暑かったりすると、気温の変化で身体にストレスをためてしまうのです。
まずはそんなストレスを発散して心と体を和らげるために、温かいコーヒーと甘い物楽しむ時間を設けてみてはいかがでしょうか。

 

スパイスが効いたホットワインに挑戦

ワインにさまざまなスパイスを足して温めたホットワインは、北欧をはじめヨーロッパで広く知られている飲み物の一つです。
赤ワインにシナモンやクローブ、柑橘系のフルーツなどを加えて作られるものが多いようですが、自分だけのオリジナルレシピを考えるのもおすすめ。

 

飲みきれなかったワインや、スーパーなどで売っている安価なワインで美味しく作れるところも嬉しいポイントです。ワインとスパイスのおかげで、体の芯から温まりますよ!