最近、会社を辞めることを自分からではなく、代行サービスに頼むという選択肢が出てきました。その名も「退職代行サービス」。会社を辞めることは確かに上司に言いづらいですし、とても便利に思えます。しかし、メリットがある反面、当然デメリットもあります。

 

今回は退職代行サービスのメリットとデメリットをまとめていきます。

 

そもそも退職代行サービスとは?


退職代行サービスとは、自分の代わりに会社を辞めることを会社側に伝えてくれるサービスです。なかなか口に出しにくい退職の意思を代行会社が会社側に伝えてくれるので、心の負担を軽減させることができます。

 

サービスの幅は会社によって異なりますが、退職届の提出や貸与品の返却なども行ってくれる場合があります。

 

サービス料金は代行会社や、どこまで代理で行ってくれるかによって変わってきますが、平均すると3万円から5万円程度のようです。退職代行サービス会社によっては、電話やメールなどで無料相談ができるところもあるので、費用感などを確かめてからサービスに申し込むことができます。

 

退職代行サービスを利用するメリットとは?


退職をするとききは、退職の意思を会社に伝えなくてはいけないということが大きな心理的ハードルとなります。それが軽減されることはもちろんですが、他にも以下のようなメリットがあります。

 

退職までの流れがスムーズ

自分で退職の意思を会社に伝えると、会社の状況などを理由で引き止めら、なかなか辞めさせてもらえない…という可能性もあります。

 

第三者である退職代行サービスを挟むことで、退職のやりとりが事務的に進められるというメリットがあります。できるだけ早く辞めたいと思っている方にとっては、煩雑なやりとりから解放されるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

上司と顔を合わせることなく辞められる

会社を辞めるとなると、上司には顔を合わせづらいですよね。「何か文句を言われてしまうのではないか…」と不安に思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、退職代行に頼めば基本的に全ての連絡を代わりに行ってくれます。また、退職届の提出も郵送で行うことができるため、上司と一切会わずに全ての手続きを済ませることができます。

 

退職代行サービスは新しいサービスであるため、上司世代の人は理解を示していないケースがほとんどです。「直接言わずに、代理を立てるなんて…」と思われる可能性は否めませんが、そもそも顔を合わせることがなければ、そんな嫌味や文句に怯える必要もありません。