ママ友が話す愚痴や悪口に「そうだよね~」と相槌を打って、軽く流したつもりが…「○○さんもそう言ってたわよ!」と、知らないうちに〝陰口仲間〟に入れられてた。そんな経験、ありませんか? 「そう思うでしょ?」と同調を求められたときが「いちばん危険!」と語るママに、トラブルに巻き込まれないための極意を聞きました。

 

■愚痴に同調するのはご法度!(華絵さん/31/事務員)

iStock.com/AntonioGuillem
以前、親しいママ友から「相談したいことがあるんだけど…」と持ち掛けられ、お茶を飲みながら話を聞いていました。娘のお友達がよく遊びに来て、家のものを勝手に触ったり散らかしたりして困っているというもの。 ひどいときには、気に入ったぬいぐるみを持って帰ってしまうことも。その子のママ友にやんわりと話したけれど「子どものやったことでしょ。あとで返すから、問題ないわよね」と言われてしまったそう。 「おかしいと思わない!?」と強く同意を求められ、困ったのは私の方。確かにそうだとは思いましたが、ここでうっかり「そう思う! ちゃんとしつけてほしいよね!」なんて同調して、「華絵さんもそう言ってた」なんて広まったら、ママ友トラブルになりかねません。 こういうとき、私は〝ママ友の気持ちに共感するだけ〟の返事を心がけています。このときも「子ども同士が仲良くしてくれるのは嬉しいけど、そのママとも上手くいくわけじゃないからしんどいね」と。 我ながら、ママ友の気持ちにも寄り添ってあげながらも、相手のママ友を攻撃したことにはならない「ナイスな返し」だったと思います。ママ友づきあいでは、軽々に「愚痴に同調」するのがいちばん危険です!